1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2014/06/01 Xperia ZL2(SOL25)をゲット
  3. 2014/05/30 GALAXY S5とSamsung Gear2 Neoを使う
  4. 2014/05/25 Xperia SPを買ってみた
  5. 2014/05/20 SIMロックフリー端末「Freetel」にニューモデル追加
  6. 2014/05/02 モバイルルータが思いがけぬ活躍
  7. 2014/04/27 モベル アメリカSIMを契約してみた。
  8. 2014/04/23 フリービットモバイル PandAのデュアルSIMをよく調べる
  9. 2014/04/22 フリービットモバイルを契約してみた(その2)
←NEXT PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xperia ZL2(SOL25)をゲット

先日、Xperia SPを買って使っていて、最近のXperiaがなかなか気に入ってしまいました。
最新のXperiaが触ってみたくなり、夏モデルで国内向けのモデルを買うことにしたのですが、さて、どっちにしたものか。

ドコモ版のXperia Z2が気になりましたが、これはグローバルモデルと比べて見てしまいそうな気がしました。
au版のXperia ZL2は、Z2のスペックをベースにしながら、各部を変えてきている日本向けのオリジナル。(グローバルモデルに事実上の姉妹機が出るかもしれませんが)
それならば、ZL2にしましょうかね。丁度今使っているFJL21の更新を考えてたけど、ARROWSの新製品が出なかったから宙ぶらりんになってたとこだし。

そんなわけで、早速auオンラインショップで手続き。
普通ならオンラインで手続きする場合でも、まず実機を触ってからにするのですが、今回はXperia SPを触ってるので、これよりはいいでしょと。

auショップ受け取りにしたのですが、店頭在庫品から割り当てられるわけではなくて、割り当てられた端末の送り先がショップになるだけなんですね。

先ほど外出帰りに、受け取り先に指定したauショップに立ち寄り、受け取り手続きをしてきました。





GALAXY S5とSamsung Gear2 Neoを使う

以前GALAXYアンバサダープログラムに申し込みだけはしていたのですが、当選者数が少ないので、まあ当選しないだろうなと思って半ば忘れていました。
すると突然当選メールが。
当たるときは当たるもんなんですね。

そんなわけで、昨日からGALAXY S5とGear 2 Neoを約1ヶ月の間借用し、レビューをすることになりました。



届いたのはau版のSCL23。
シャンパンピンクはもう少しキツめの色味を想像していましたが、意外とそうでもない感じ。
ただ側面のメッキパーツは使い込んでるとくすんだり剥げたりしそう。



Xperia SPを買ってみた

少し前から、普段使っていたF-10Dのバッテリー持ちが極端に悪くなってきました。
事務所勤務のときはそれほど気にしなかったのですが、出張のときは結構困ることがあって、運用上限界かなと。
初期化して様子を見て、アプリの問題なのかハードの問題なのか切り分けたいのですが、メイン端末なので代替できる端末がないとそうもいかず。
(SH-06Eに戻す気にはならなかった)

そんなわけで、もともとこの夏モデルで更新するつもりだったんですが、先立って端末をひとつ買うことにしました。

前々からいろいろと物色はしてたんですが、久しぶりにAndroidの海外端末をひとつ入れてみようかと。(運用端末を代替するという本来の目的を逸脱しつつあるが)

デュアルSIM端末で最初は考えてましたが、最終的にはXperia SP(C5303)を購入。

SIMロックフリー端末「Freetel」にニューモデル追加

プラスワン・マーケティングは、SIMロックフリー端末「freetel」に3機種追加することを発表しました。

freetel Priori」は従来モデルのfreetel FT132Aの色替えモデルにしか見えませんでした。
12,800円から9,800円に値下がりはした模様。
スペック的に数年前のロースペックモデル並みなので、今となってはあまり見るところもないのかなという印象。
電話だけならフィーチャーフォンのほうがいいでしょうし、かといって色々できるスペックとも思えないので選びどころが難しいように思います。(強いて言うなら、海外に持っていくのに盗まれても後悔しない用くらいしか……)

freetel Nico」は5インチディスプレイ、クアッドコア1.2GHz、3G/3GのデュアルSIMなど、コヴィアのCP-F03aに似た感じのスペックです(おそらくSoCが同じなんじゃないかと……)
ただこちらはRAMが1GBなので、CP-F03aよりも良さそうに思います。
FT132Aは3G/2GのデュアルSIMでしたから、nicoは3G/3Gになっただけ進化ですが、多分同時待ち受けはできなくて、切り替えて使う形なのだと思います。

freetel LTE XM」は、nicoのスペックに加えてLTEにも対応したもの。ハードのデザインもnicoそっくりです。
(ただデュアルSIMかは明記なし。多分デュアルSIMだとは思うんだけど)

この他にもSIMロックフリーのフィーチャーフォンやモバイルルータ、タブレットも順次投入する予定のようです。

SIMロックフリー端末が家電量販店などで格安SIMとのセット販売に使われるようになってきてますから、それを見越しての製品投入なんだと思いますが、まともに使えるものが出てくれば引き合いも多くなるでしょうから、そのへんは期待したいところです。

モバイルルータが思いがけぬ活躍

先日契約したモバイルルータ(SoftBank 203Z)、出張のときくらいしか役に立たないかなと思っていたのですが、最近思いがけない活躍の場が出てきています。

というのも、我が家の無線LANルータはドコモ Home Wi-FiでレンタルしているNECアクセステクニカ製の「Aterm WR8166N」なのですが、うちにあるタブレットPCが2台ともすぐに接続が切れるという症状に見舞われています。
自宅のメインPCなどがThinkPadなのにこの問題が発生しないのは、BTOオプションでIntel製のモジュールを選択せず、標準のRealTekのモジュールのままで購入するからなのですが、結果としてネットワークの不調に悩まされずに済んでいる状況です。

よく調べてみると、どうやらIntel製のWi-Fiモジュールと、NEC-ATのルータで使用しているチップの相性が最悪らしく、それが原因で切れてしまうようです。
この問題の解決で、思いがけず203Zに活躍の場ができてしまったのです。

モベル アメリカSIMを契約してみた。

以前からモベルコミュニケーションズのサービスを利用しています。
前に契約したワールドSIMは、O2-UKのMVNOのようです。
使わない限りは維持費0円なので、使わないときは寝かせておいて、使用したらその分を支払うという利用スタイル。
日本国内のローミング運用も可能なので、動作試験などに結構重宝するSIMです。

モベルでは以前からアメリカ、ヨーロッパ、中国向けのサービスをしているのは把握していたのですが、それぞれ維持費がかかるため手を出してませんでした。
このたびアメリカSIMがキャンペーンで維持費0円になったため、契約してみることにしました。

手配していたSIMが今日到着したので、早速いろいろ調べてみます。

フリービットモバイル PandAのデュアルSIMをよく調べる

フリービットモバイルが提供している端末「PandA」は、日本で技適を取っている端末としてはまだまだ少数派であるデュアルSIM端末です。
出自的に、中国とかインドあたりで出してるデュアルSIM機をベースにしてるんで、SIMスロットが2つついた状態でリリースされてるのかな?と思わないではないですが。

さて、公式に出ているスペック表を見ると、デュアルSIMスロットとは書いてありますが、それ以外のスペックが判然としません。
両スロットW-CDMA対応なのか、それとも片側はGSMオンリーなのか、などなど。

Gpadさんの記事によると、インドのメーカーの端末をベースに開発されているとのことで、片方しかW-CDMAに対応してないから日本でのメリットなしとの解説があります。

わかんねーことは自分で検証しましょう。せっかく実機があるんだし。


※以下の実施内容は筆者所有の端末で検証した結果です。すべてのPandAで同じ結果が出ることを保証するものではありません。
頻繁なSIMの入れ替えはSIMカードおよびSIMスロット破損に繋がる恐れがありますので、取り扱いには十分注意しましょう。
いかなる結果になっても、筆者ならびにフリービットモバイル様は一切関知するものではありません。
すべて自己責任で実施されますようお願いします。
(てかこのブログを読んでるような人はそれくらいわかりますよね?)


フリービットモバイルを契約してみた(その2)

フリービットモバイルの回線契約を行い、同社が出しているスマートフォン「PandA」をゲットしたわけですが、実はこの端末を入手した最大の目的が「デュアルSIM端末の運用ノウハウ獲得」だったりします。
これまでデュアルSIM端末に興味はあったんですが、いまいち買うタイミングを逃し続けてたわけで。
PandAのほかにはコヴィア・ネットワークスの「FleaPhone CP-F03a」もありますが、どちらもおおっぴらに国内で使える「そこそこのスペックのデュアルSIMスマートフォン」です。

コヴィアの製品はビックカメラでBIC SIMとのセット販売もあるようですが、BIC SIMはもう契約してるんで、今回はフリービットモバイルかな、という考えはなくはないですが。

さて、ソフトを見ていくと色々と気付くことが。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。