HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

これはちょっと違う気がする

デーモン小暮 ブロガーに「安易な言葉」への注意促す

 ミュージシャンであり相撲評論家のデーモン小暮閣下(年齢不詳)が、「言葉を安易に使うこと」について、自身の日記で苦言を呈した。..........≪続きを読む≫ [アメーバニュース]


プライベートなこと書いてる専用ブログに書こうか迷ったが、アメーバニュースでの記事なのでアメブロに書くことにしました。


閣下が安易な言葉を使うことに対して注意を促す意図はよくわかります。

しかし例示されている内容にはかなり異論があります。


 しかし、声や態度に出して「それ、気に入らない~!」と不特定多数にアピールする行為は、
 作品や作者に対して大変な侮辱であり、了見の狭い者、程度の低い者のすることだ。


これは主にブロガーに向けられた言葉であると思います。

冒頭で閣下自身が述べられているように、感性は人それぞれ。

本質的には個人の日記であるブログにおいて「この作品は私の感性に合わない」とか「つまらない。面白くない」と述べることの何が悪いのでしょうか。

私も物書きの端くれとして、自分の作品がつまらんと言われたらそりゃあ悲しいですよ。

しかしながら、それを私に対する侮辱であるとは思わない。この人にとってはそういう作品なのだなと思いますし、こういう感性の人を喜ばせる作品はどんな作品なのだろうと考えます。

自らの作品に対して否定的な意見を浴びせられた時に侮辱と感じる作者は今すぐ創作活動をやめるべきだと思いますね。

不当な評価(作者の人種や国籍などを理由にした批判)や名誉を著しく傷つけるような物言い、「この作品つまらんよー、見らん(聞かん)がいいよー」などという言いふらしをするべきではないという意味では賛同しますが、個人の感性に合わないことを申し述べることを批判するのはお門違いであると考えます。

言論の自由の封殺ですか?


私の了見は狭いでしょうか。私は程度が低いでしょうか。

高尚な人間であるとは全く思いませんけど。

たとえ了見が狭いと言われようが程度が低いと罵られようが、私は好きな物は好きと言い、気に入らない物は気に入らないと自由に言いたいな。

ここは言論の自由を保障された国です。某共産主義国家のような言論統制は行われてはいないはずですが。


この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/898-19575e17

コメント

■私もそう思います
個人の好き嫌いまで言えないっていうのは、言論の自由を奪う某共産主義国と一緒ですよね。
D小暮氏も共産主義者というのであれば理解できますが。

好きなら好きで応援すればいいし、感性に合わなければ見(聞か)なければいいだけですし。

あすまさん頑張ってくださいね~!いつも楽しみにブログ見てますよ~!!ヾ(@^▽^@)ノ


■ありがとうございます
閣下の言いたいこと自体はよくわかるんですよ。
2ちゃんねるや個人のブログでの無遠慮で心ない発言の連鎖を止めようということなのだと私は理解しました。
ただ個人の好みを申し述べることを制限するのはまた別の問題ではないのかなと。
そこまでやろうとすると共産主義化してしまえと言ってるのと一緒ですね。
共産主義のすべてを批判する気はないのだけど、一党独裁や個人の自由の制限などの悪しき面はどう言い繕ってきても肯定は出来ません。


■心ない発言の連鎖は確かにそうですよね。
心ない発言且つ無責任な発言ですよね。
否定するなら個人的に否定していればいいだけで、それを煽るような行為は私も賛成できません。

中国語に「口徳」という言葉があり、発言する言葉が余りにもキツイ(酷い)のは、徳を逃すという事にも繋がります。

言論の自由があっても人を傷つけていいという事ではないので、そういう意味での発言を止めたいというのは同じように理解できます。

人によってはその事がトラウマにもなってしまいますしね。


■無題
自由は主張するが、そのために節度は守るってことで決着したいものです。


コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。