HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>その他ケータイニュース

KDDI、プリペイドばらまきが水増しと判断されたか?(追記あり)

KDDIがプリペイド携帯無料配布 契約“水増し”?に総務省が対応検討


http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0802/27/news062.html

私も先日契約したCDMAぷりペイドですが、無料配布しているのが総務省に目を付けられたようです。

私が契約したときのような、端末0円配布のこと言ってるのかなと思いきや、KDDIは更にエグいことやってるみたい。


『KDDI関係者によると、契約獲得に向けた社員紹介キャンペーンで、500円分の通話ができるプリペイドカード付き携帯電話を端末代金も設定手数料(税込み4200円)も無料とする販売方法を導入した。先週には約1万5000人の社員全員が、知人や親戚(しんせき)へ斡旋(あっせん)するよう通知を受けたという。都内のあるauショップでも、プリペイド携帯に500円分のカードを付け、端末・手数料0円で提供していた。』


……そこまでやるか。まぁ企業努力といってしまえばそれまでかなとは思うけど。

なんか損した気分だ。


【追記】

ITmedia+Dに興味深い記事が掲載されました。


http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0802/29/news095.html


『実際、筆者が目にした「実態」には、末端の販売員がauのプリペイド携帯電話を何台も契約し、自分の友人・知人にも複数購入させて販売成績を稼いでいるという例もあった。』


アカンやん!!


『同一名義の「重複契約」の黙認である。auのプリペイド契約では、同一日時においては最大2回線までしか契約できないが、「契約日が変われば、同一名義による複数回線の契約に制限がない」(広報部)状況』


それって防犯上も問題ではないんですか?


この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/807-df0a131c

コメント

■エグ過ぎ…
一般ユーザを馬鹿にしてますねぇ。
穿った見方をすれば、知人や親戚に販売したようにして500円分のカードを一部のユーザにのみ提供するってことも可能だろうし、それで社員はノルマを達成できるんだったらそういうケースもあるかと。

そもそも、auは学割をはじめた時点で嫌気がさしてました。だって、番号が変わるって言っても卒業ってのはそれまでの付き合いを清算するいい機会で、囲い込みのつもりでもその実効性に疑問があったからです。
学生のために非学生は高額の費用を払わされるんだから嫌ですよね。まぁ、それ以外にもauが嫌いってのは理由がありますが、さらにそんなことじゃぁ、いくら魅力がある端末やサービスを取り入れても無理ですね。


■無題
学割というのは確かに社会人になってみると疑問を覚えるシステムです。
収入のない学生にも携帯電話を持てる環境を提供するという意味で有益なシステムですから、なくせとは言えないですが。
それを言ったらシニア割引や障害者割引はどうなんだという話にもなるので。
学割は割引く代わりにサービスを制限するというのもある意味ありかと思わないではないですが、日本の携帯電話産業、というより収入を支えているのは学割世代であるのも事実。
無理が通ると道理が引っ込み、あっちを立てるとこっちが立たないのがこの世の中か。


コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。