HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>_端末ネタ総合

auのCDMAぷりペイドを契約してみた

最近auのプリペイドサービスがタダで配っているらしいという話を聞いていました。

往年のPHSを思い出す話です。

早速auショップに行ってみたら、店頭にCDMAぷりペイドを勧める手書きポスターが貼ってありました。


ちなみに私は元WINユーザーですが、当時は月に8000円以上かかっていて異様に高いからと他社にMNPで移したという経験があります。

auの現行販売方式は分離型ではなく従来型寄りの施策なので、改めてポストペイドに走るにはちょっと勇気がいるな。

それに欲しくなる端末もありませんし。



さて、おねぃさんに聞いてみたところ、端末無料、プリカ代だけでいいとのこと。(ただしその店プリカを切らしてた)

チャージ料金の有効期限がプリカ代で異なるというのがソフトバンクのプリモバイルとの大きな違いで、1万円プリカだと1年間有効で実はお得だったりします。

3,000円と5,000円は10%分チャージ料金に上乗せがありますが、前者が60日、後者が90日の有効期限です。

ちなみに1,000円x3枚セットもあり、こちらの有効期限は1枚30日とのこと。

ただ、通話料の有効期限が切れた後の再チャージ有効期間(電話番号有効期間)は90日とのことで、待受専用端末として維持するならソフトバンクの方がお得な感じです。

今回はお試しなので、3,000円のプリカを後ほどコンビニで買いました。


通話料は6秒10円、Cメール1回5円、データ通信はDION(現au one net)を利用したら50秒20円、それ以外の場合は6秒10円。

通話・通信料はauの方がちょっと安い?

ただしauぷりペイドサービスではEメールは使えません。

もちろんEZwebも不可。このせいでGPSやFMラジオなどの端末にプリインストールされてるサービスの一部が利用できません。



ちなみにぷりペイド端末として用意されていたのはA5527SA。

……てか何げにグローバル・パスポート対応機じゃん!

カタログには簡単ケータイが専用端末と書かれていたのですが、これはうれしい誤算でした。

ただ契約自体は1x端末ならどれでもできるようで、端末を持ち込んだ場合には4,200円の手数料がかかるそうな。

ソフトバンク同様に申込書に記入して身分証明書とともに提出したら登録されます。

登録完了まで30分かからなかったな。





さて、そんなわけでやって来たA5527SAです。

携帯電話事業の京セラへの売却が決定している三洋電機製。

昨年夏モデルですが、CDMA方式での国際ローミングが出来る端末としては未だ最新鋭機ですよ。(国際ローミング最新鋭の称号はGSMローミングができるW62Sに奪われた)


A5527SA   A5527SA

A5527SA


意外に薄いのですが、角に丸みを持たせたデザインのおかげで結構使いやすいです。

デフォルトのフォントサイズとフォントの太さも見やすいですね(この辺の印象は以前持っていたW44Kに近い)

EZwebが封印されているせいで魅力半減の感は否めませんが、ざっと触ってみた感じは余計な機能も少なくベーシックな端末という印象を受けました。

WINだとさすがにこうはいかんでしょう。


CDMA 1xはSIMカードに対応していないので端末を入れ換える楽しみはありません。

本当に通話回線を維持するのが主目的になってしまいますが、まぁせっかく3,000円分チャージしたので少し使ってみましょう。


この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/781-7bd07c76

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。