HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

au新施策に考える、料金施策の善し悪し

4日に発表されたauの料金新施策、粗はあるもののよく考えてあるという点は否定できません。

従来型モデルの考えを踏襲した、端末代金を安く抑えることを目的とした施策と、端末代金が利用料金に乗ってくることを嫌う、月々の利用料を抑えることを目的とした施策、これらをユーザーが選択できるというのが肝でしょう。

また端末代金と利用代金のトレードオフがはっきり示されているという点も良いと思います。


この手のモデルの欠点は、ユーザー側がそれぞれの選択肢にあるメリットとリスクをちゃんと理解していないと、ネガティブ面ばかりが強調して見られてしまうということでしょう。

既に、端末が安くなるが2年縛られることへの懸念や、利用料金を抑えるためには端末に高額を出さなければならないという点ばかりが取り上げられた懸念が散見されます。

これまで日本のユーザーは「端末が安い」ということが当たり前で、利用料金が実は高いのだという事実を認識していなかったので、適正価格に戻っただけでも「端末が高くなった」と評価されてしまうのです。

(海外端末を勝手使ってる人だと、案外抵抗なく受け入れられる話なのかも知れません)

日本の携帯電話ユーザーは総じて支払金額のリスクヘッジには長けていないと思うので、キャリア側からのわかりやすい判断基準を示してもらうと非常にありがたいです。



ちなみにソフトバンクのスーパーボーナス、同様に2年縛りや端末代金が問題視されていますが、この施策がいまいち評価されないのはユーザーに選択権がほとんどないことと、端末代金と利用料金が一緒くたにされていることにあると思うのです。

(ちなみにスーパーボーナスはインセンティブ全廃の販売モデルではありません。実際インセンティブは払われています。一部マスコミの無知な報道には呆れてしまう)


ホワイトプランは言うに及ばず、青&橙の猿真似プランも200円引きということで単純に見れば他者より安いと思わされるのですが、月々の支払いには端末割賦金という落とし穴があります。

割賦支払いがデフォルトになっていて、スーパーボーナス適用一括払いやスーパーボーナス不適用一括払いについてはあまり認知度が高いとは言えません。

特にスパボ不適用一括払いだと端末代金がちょっと安い(ただし月々の割引はない)という事実はほとんど知られていないのではないでしょうか。

購入する端末やプランの選択によっては、この買い方の方がトータルの支払いが安く済む場合があるようです。

スーパーボーナスは数千円の割引が行われますが、結局これ端末代金とその他利用料金合わせての値引きなので、直感的に何が安くなっているのかわかりにくくなっています。

単純に月々の支払額を比較してみると、他社での支払額と大差ないという事例も存在します。(実際うちはパケットを積極的に利用した場合、ドコモの支払いと大差なくなってしまう)

ショップでの説明も十分とは言えない面もあり、結果として安さが実感できなくなってしまうのです。



ドコモも12月に新施策を導入すると言われています。

一時は割賦制度を導入するのではと言われていましたが、私はドコモはau寄りの施策を選ぶのではなかろうかと踏んでいます。(個人的な希望を込めつつ)

個人的には、やはり端末代金は購入時にスパッと払い終わる方が気楽でいいです。

今ソフトバンクの契約回線は旧スパボx2&新スパボx1なので、どうにも端末代金の残債が気になるのです。

今後現在休止中のドコモ第2回線のソフトバンク移し替えなんて事態になると、いよいよ大変です。


この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/524-7be0bd12

コメント

■「適正価格」という概念
そもそも「何百万画素のデジカメ」+「Felica」+「音楽プレーヤー」など機能満載の商品が2、3万で買えるのが当たり前と思うところからして間違ってるんですよね。「適正価格」に戻ったというだけの話です。ただ(あすまさんにはリスクヘッジの弱さだとご指摘されそうですが)やっぱり「値上げ感」は感じてしまいますね。
ソフトバンクのスーパーボーナスの問題点はもう一つ、端末を2年使うなりの保証制度に不備があることも挙げられると思います。auがその点をかなり充実させて来たので、それこそ「24時間以内に追随」して欲しいんですけどね。
ドコモはどうなるでしょうね。私もau寄りの施策になると思っていますが、ご乱心でソフトバンクっぽいプランが出来てしまわないとも限りませんよね…


■いや、それは確かに
私にしても例え適正価格になったと、実際に価格が上がったとしたらやっぱり「高い」と思ってしまうのは仕方ないと思います。
ただ海外端末の値段を見慣れているとショックは小さいかもしれないですが。

今回はあくまで料金施策に絞って書きましたが、アフターサービスまで話を広げると、ソフトバンクをけちょんけちょんに言わないとならなくなります(つд`)
私がソフトバンクを好きになれないのは料金の不透明感とアフターサービスのクソっぷりが主な理由なんで。


コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。