HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>その他ケータイニュース

eneloop + WILLCOM = なんじゃあこりゃあぁ!!(松田優作風に)

松田翔太が松田優作の次男ということをついさっき知ってびっくりしました。


さて、8月24日~26日に東京ビッグサイトで開催されるイベント「グッドデザイン・プレゼンテーション2007」で、ウィルコムと三洋電機の協力で誕生したPHS端末のプロトタイプが展示されているらしいです。


三洋電機といえばeneloopなどの電池事業に経営資源を集中して携帯電話事業を売却するという話がありましたが、そんな三洋電機がPHSの試作機を作るのも何か皮肉ですね。

その試作機はeneloop単3形1本で連続通話5時間、連続待ち受け250時間を実現しているらしい。


eneloop PHS   eneloop PHS

電池っぽい外観は評価の別れるところかも知れませんが、市販の電池(eneloop)で稼働するというコンセプトは素晴らしいですね。

W-SIM対応端末で、中には赤耳が。


これ、簡易液晶ディスプレイ(有機ELでも可)をつけて、電池2本で動くようにしたら意外に売れるんじゃね?

市販電池で動くPHSというコンセプトは是非製品化に結びついてほしいですね。


この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/437-fad82d4e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。