HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Nokia & S60

6120c/NM705iのガワのばらし方

以前6120c/NM705iのガワのバラし方を質問してきた方がいらっしゃったように記憶してます。
当時私もどこかのサイトを見ながらやったわけではなく、適当にやってたらバラせるようになったんですが、Kaimonotai Blogさんにバラし方の解説が載っているのを見つけたのでリンクを貼っておきます。

NM705i/6120classic液晶周りプレート交換方法

補足しますが、液晶プレートを銀色の枠に組み込むのはサイズがギリギリで枠を折りそうになります。(実際私はNM705iの組み付けの際に折った。幸い外にわかる場所ではないけど)
もともとはめ込みにくい部品ですが、少しでもはめ込みやすくする手段として熱膨張と熱収縮を利用する方法があると思います。
液晶プレートを冷凍庫などで冷やし、枠を暖める(ただし暖めすぎてひん曲げないように)ことで、そのままで組み込もうとするよりは楽にはまるようです。
この枠は本当にすぐ折れそうなんで注意が必要。
枠に注意が行っていると、爪を折りそうになります。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/272-18b7cd8b

コメント

手モデは私(笑)
実は私がやってみました。爪すでに何回も折っているの、コツをわかりやすく書いてみました。熱を利用する方法もよさそうですね。爪はたしかに折れやすく、かといって爪に集中すると枠が逝っちゃうのでコツをつかむまでは結構難しいところ...
まぁそもそも個人がバラすことは想定外なのでしょうけど、簡単にはめこみされているあたりはNokiaの設計が上手いですわ。普通だったら接着剤つかいますもんね。
あれは難しい
6120cのガワは作り方が秀逸ですね。
ただ、N82などの物理的に難しいものとは別の意味で交換の難易度は高いですね。
私は最初液晶プレートと枠は既に組み付けてあると思っていたので、バラで来たときはちょっと慌てました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。