HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

SH-06Eのrootを取ろうとして思わぬ成果

昨年メイン端末をSH-06Eに更新したものの、バッテリーもち以外の点でいろいろと不満を募らせ、結局運用から外してしまっていました。
その後予備端末として時々使うことはあったものの、ほとんど寝かせてるような状況。
SH-06Eを見る度に、あのときARROWS NXにしとけばよかったと思うわけで。

とりあえず使い道が見当たらない状況ですし、かといって売ろうにも割賦がまだ残ってる状態だし(そもそも売るつもりはないし)ってことで、いろいろ調べてrootでも取ろうかなと思い至りました。
どうせもうすぐ1年経つし、保証サービスもかけてないし。

しかしさすがはシャープ製、root潰しは念入りで、ほかの端末のように割と簡単にrootをとってカスタムROM……とはいかない模様。

rootをとる方法とそのためのツールは、ちょっと検索するだけであっさり見つかるので、ここで詳細に解説する必要はないと思っています。
検索で見つかるツールを使えば、あまり複雑なことをしなくても成功するでしょう。

うちの端末は寝かせてたのが幸いして、ビルド番号が01.00.07のままでした。そのため検索で紹介されていた方法であっさりとrootをとることに成功。
その後、MVNOのSIMでもテザリングが使えるように制限を外したり、SIMロックを解除したり。

しかし……この端末でrootをとっても、せいぜいそれくらいしかできない。あまりおもしろくないなと思い、すぐにソフトウェアアップデートで01.00.08にアップデートして元に戻してしまいました。

ところが、SIMロックに関しては一度ロック解除しているため、rootを塞いだ後もその状態が継続していました。
さすがにMVNOのテザリング制限は元に戻ったでしょうが、SIMロック解除はありがたい。

思っていたのと違う成果ですが、個人的には望ましい結末になったので、結構満足です。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1987-4fe2e341

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。