HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、「ミサイル発射」などの緊急情報を配信へ

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは3月28日、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」で発信する国民保護に関する情報について、4月1日から携帯電話やスマートフォン向けにも配信することを発表しました。

Jアラートは、弾道ミサイルの発射など日本が武力行使を受けた際、その被害や影響を最小限にとどめるために避難や救援のための情報を配信する仕組みです。
従来は自治体の防災行政無線などが主な配信先でしたが、ドコモの緊急速報「エリアメール」、auとソフトバンクの「緊急速報メール」にも、“災害・非難情報”として一斉配信するとのことです。

弾道ミサイルの場合、発射から着弾までに時間があるため、発射に関して情報を流し被害や影響を抑えるための情報を配信するという対応ができます。
が、被害範囲によっては逃げるに逃げられないなどの状況も発生するため、個人向けへの情報発信がどの程度有効なのか少し疑問があります。

また、個人の端末向けに配信することで、パニックを誘発しないかという危惧はあります。
地震の場合は緊急地震速報から数秒から1分以内に揺れが来るため、個人向け端末への配信の有効性はわかるのですが、弾道ミサイルのような外国等からの攻撃はまた訳が違いますので。

これこそ定期的な配信テストが必要な気がします。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1980-725bdac2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。