HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

端末運搬用ポーチを自作してみた

運用する端末が増えてくるごとに、その運搬手段に困るようになってきました。

これまでは博士の愛したモバイルバッグやいくつかの市販ポーチを利用してきましたが、博士の愛したモバイルバッグは最近の端末を入れるには縦幅が不足しており、入らない端末が増えてきています。

博士と一緒にオフ会バッグの購入も考えていますが、これもあまり大きな端末が入らないという話もあり(改良版が開発中って話もあるようですが)これも躊躇しています。

なら……自分で作るか。


条件としては、5インチ級であっても入ること。
鞄の中に突っ込んで移動するための端末入れなので、単独での運搬性能は不要。
端末を複数突っ込んでも傷が入らない素材であること。

そして、制作原価は1,000円以内!!
(これは後述の理由で原価500円以内まで圧縮しました)

当初は市販のインナーバッグに間仕切りを追加する形を考えていましたが、いまいちコストが合わない。
以前別件で立ち寄った100円ショップで買い物をしていると、ポーチ類の品揃えがよく、そこで現在出張時のACアダプタやLANケーブルなどを入れるポーチを買ったのですが、100円ショップのポーチをベースに作ればコストを圧縮出来ると判断しました。(ポーチと内装材で500円以内で収まるでしょという考え)

出張中に素材を買いそろえて試作してみましたが、その結果から少し改良して改めて作り直すことに。

100円ショップでA5サイズのポーチを入手。
ただこの素材は頑丈なのはいいんですが、端末を突っ込むには硬すぎる。柔らかい素材を内張りとして張ることが必要。

IMG_20140316_231943.jpg

同じ店の手芸コーナーでフェルト(18cm×18cmサイズ5枚入り)を購入。
内側に貼って端末に擦りキズがつくことを防止します。
きっちり採寸して切った貼ったしていると制作に時間がかかるので、切り貼りは最小限にして制作時間を短縮。
結合部を縫ったりしてると時間ばかりかかってしまうので、両面テープで貼ってしまいます。
(大体1時間もあれば作り終えます)
一見見栄えが良くありませんが、パッチワーク風のデザインと言い張っておけばいいのです(ぉぃ)

IMG_20140316_231922.jpg

内張りの貼り方を工夫して隠しポケット風の格納場所を2つつくり、内部に5つの端末が収まるようにできました。
ただポーチのマチがあまり広くないので、フルに突っ込んでしまうと少し張り気味に膨らんでしまうため、鞄に入れるときに薄くしたいときは隠しポケットには入れない方がいいかもしれません。

IMG_20140316_231936.jpg

前のファスナーポケットの内側もフェルトを貼って5インチ級端末を1つ入れられるように。
前面のメッシュポケットにも端末が1つ入るので、フル搭載時は端末が7つ入ります。
若干窮屈になるので、隠しポケットには入れずに5つ搭載とするほうが安全かも。(最終的に、通常時は隠しポケット片方しか入れず、6つ搭載で運用することにしました)

通常使っている鞄に放り込むと、従来より省スペースかつ持ち運べる台数が増加しました。
制作原価はフェルトセットを2セット購入する必要があるので、315円(両面テープも購入するとプラス105円)。
ポーチを2つ制作するとフェルトセットが少し余るので500円以内で制作出来る感じです。
ちなみに出張中に制作した試作品は今回のポーチ製作前に少しだけ手直しして、自宅保管してる端末の格納用に使うことにしました。

完全に唯の思いつきで始めたことでしたが、思っていたよりはよい結果になりました。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1977-f12917f7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。