HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

イー・モバイル、「STREAM X」にIMEI認証をかけたことを認める。

イー・モバイルの「STREAM X」にIMEI認証(ケータイwatch)

イー・モバイルはSTREAM X(GL07S)のパケット接続について、IMEI認証を導入したことを認めたようです。

B207ファーム以降のAPNとなっているem.liteで当初からIMEI認証がかけられているようだということは結構前から言われていたようですが、11日の変更によってem.lite以外での接続を塞いだということで、厳密に言うと今回の変更でIMEI認証をかけたというわけでもないですけどね。

ャリアが販売している端末とSIMカード(回線契約)以外の組み合わせ以外は保証できない、それはそれでいいと思います。
キャリア供給の端末以外を使用するのであれば、それはユーザーの自己責任となるのは道理としてわかります。
しかしながら、他の端末で使えなくしてしまうのは接続保証云々とは別の話ではないでしょうか。

SIMロックフリーの端末を供給しているのに、SIM側で規制をかけるというのはなんともちぐはぐです。


ましてSTREAM Xについては、この端末でしか使えない接続となっているので、Nexus 5やPocket WiFiで使おうとしても使えません。
これについてはNexus 5の4G-S契約でも同じことを言えますが、Nexus 5の場合は対応周波数帯が広いので、他の回線を使えばいいという選択肢を取り得ます。
しかしSTREAM Xの場合、LTEがBand 3にしか対応していませんから、LTEが必須となれば選択肢が他にありません。
また端末が故障した際は他の端末で代用することができず、STREAM Xの代替機の借用が必須となりますが、代替機がなかったらその回線は使えなくなってしまうということです。

結果として、イー・モバイルの都合ばかりが押し通されて、ユーザーは不利益だけを被っているのではないでしょうか。
変更によってユーザーメリットがあるのであればともかく、ユーザーにはデメリットしか発生しないのであれば、ユーザーからは「さっさと解約したほうが得」とか「MNPしててよかった」という言葉が出てくるのは自明です。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1976-d4b9a57a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。