HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

IIJ、音声通話に対応したIIJmio「みおふぉん」を発表

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、3月7日に音声通話機能付きSIM「みおふぉん」を発表しました。提供開始は3月13日から。
イオン、ビックカメラ、ソフマップ、コジマの店頭とオンラインショップでは、3月7日から音声通話機能付きSIMの申し込み用コードが付属する「IIJmio音声通話パック」の販売を開始します。
購入したユーザーは3月13日以降、IIJmioのWebページでエントリーコードを入力すると音声通話機能付きSIMの申し込みができるようになるとのこと。
なおSIMそのものは申し込み完了後1週間から10日程度で届くそうです。

プランは3種類(ミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプラン)で基本料はそれぞれ900円、1,520円、2,520円となっています。
すべてのプランでパッケージ代金が3,000円、音声通話機能付帯料は1,000円(ファミリーシェアプランはSIM発行数×1,000円で最大3,000円)。
データ通信で使える1カ月クーポンの容量がサービスプランで異なります。
通話料は20円/30秒。

なお、利用開始月から12カ月以内に解約すると、残った月数に1000円をかけた解約調定金を支払う必要があります。

4月中旬以降はMNPに対応予定、SIMカードサイズの変更も対応予定とのこと。
5月中旬以降にプラン変更やファミリーシェアプランではSIM枚数の追加対応もスタート。

また、IIJmioでは4月1日からIIJmioシリーズで利用できるデータ通信クーポンの容量をミニマムスタートプランで500MBから1GBに、ファミリーシェアプランで2GBから3GBにそれぞれ拡張するほか、ライトスタートプランでは低速通信状態に移行する通信規制の条件を3日間で366MBを超えたときと緩和するとのこと(従来120MB)。

BIC SIMを契約している身としては、ついに来た!!という感じです。
先日SMS対応SIMに切り替えたばかりですが、また切り替えをすべきか、ちょっと迷ってます。
まさかの通信量が1GBに増量だからなあ。

回線編成が変わってしまったことで解約を検討していたところだったので、絶妙のタイミングで引き留められてしまいました。
とりあえず来月からプランをミニマムスタートプランに落として、みおふぉんへのプラン変更が出来るようになる5月中旬に改めてどうするか決めようかなと。

12カ月縛りがありますが、残月数×1,000円というのはなかなかヘビーな設定だと思います。
まあこの条件だと仕方ない部分もあるかも知れませんが。
メールアドレスが使えないとか、留守電がないとか、必ずしもメイン回線にできるかというとそうとばかりも言えないかもしれませんが、音声対応SIMが日本通信とSo-netモバイルしかなかったところに安価な価格設定での登場となりましたから、今後のMVNOの展開が楽しみであります。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1967-a96be3f8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。