HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

【MWC2014】Windows Phone 8方向転換?

マイクロソフトはWindows Phone 8の新たなOEMパートナーなどについて発表を行いました。

現在Windows Phone 8はNokia、HTC、Huawei、Samsungが搭載端末を供給していますが、これに加えてLenovo、ZTE、Gionee、Longcheer、JSR Technology(以上中国)、LG Electronics(韓国)、Foxconn(台湾)、Lava(Xolo)、Karbonn(以上インド)の9社が搭載端末の製造・販売を行うとのこと。
今回の発表にはかねてから参入の噂があるソニーや、以前東芝ブランドでWindows Phone端末を供給した富士通など、日本メーカーの名前はありませんでした。

また、これまでWindows Phoneは端末の仕様を厳格に定めていましたが、これをいくらか緩和し、QualcommのSnapdragon 200および400をサポートすること、物理ボタンではないソフトキーにも対応することで、Android向けのハードウェアと同じハードでWindows Phoneを供給しやすくなる体制を打ち出しました。
このほか新興国向けで需要のあるデュアルSIMもサポートするとのこと。

このほか、Windows Phoneの次期アップデート(8.1になるとも、8.1とは呼ばれないとも……)は春に行うとされ、アップデートではコンシューマー向けの新機能の他、エンタープライズユーザー向けにVPN、S/MIMEのサポート、企業Wi-Fiや端末管理機能の強化などを予定しているそうです。

Windows Phoneは参入メーカーが増えない=端末バリエーションが増えないということで、事実上Nokia Lumiaがコンスタントに出てくる唯一のラインナップになっていたように感じています。
今回の制限緩和により、Android向けのハードウェアの流用が容易になると参入障壁は下がることになりますが、Android端末とほぼ同じ外観のWindows Phoneがたくさん出てくるというそれはそれで有り難くないことが起こりそうな予感もします。
これは吉と出るか、凶と出るか……

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1960-03d20fae

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。