HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Nokia & S60

【MWC2014】Nokia、AndroidベースのOSを搭載した「Nokia X」シリーズを発表

現地時間2月24日より、スペイン・バルセロナでMobile World Congress 2014が開催されています。
今回も様々な端末が発表されていますが、Nokiaはかねてから噂のあったAndroid搭載スマートフォンについての発表を行いました。

「Nokia X」はAndroidフォークでMicrosoftのアプリ搭載の廉価端末(ITmedia)
ノキア初のAndroid機Nokia Xはみんなが知ってるAndroidじゃなかった:MWC2014(週アスPlus)

新スマートフォン「Nokia X」「Nokia X+」「Nokia XL」はAndroidをベースとしているプラットフォーム「Nokia X software platform」を搭載し、アジア太平洋地域やインドなどの新興国市場向けに発売されます。
価格は89~109ユーロ(約12,000円~15,000円)に設定されるとのことです。

Nokia X software platformはAndroidベースとはいえ、Google版ではなくAndroid Open Source Project(ASOP)ベースとなります。
このためGoogleの認証を取得しておらず、当然Google PlayをはじめとするGoogleアプリケーションは搭載されていません。
アプリストアはNokia独自の「Nokia Store」を利用します。

UIは見慣れているAndroidのそれとは異なり、どちらかというとWindows Phone然とした感じのようです。
プリインストールされているアプリは検索はBing、マップはHERE Maps、メールはOutlook.com、メッセージングはSkypeとのことで、前述の通りGoogleのアプリケーションは搭載されていません。
また、MicrosoftのクラウドストレージOneDrive(旧SkyDrive)の7Gバイトが無料で利用できるそうです。

ハードウェアスペックを見ると、Nokia XとNokia X+は画面サイズが4インチ(800×480px)、Nokia XLが5インチ(同)となっています。
RAMはNokia Xが512MB、Nokia X+とNokia XLが768MBとのことで、Androidベースという事を考えると少し不安になる数値。メモリはこれだけでも十分サクサク動作するということなのでしょうか。
プロセッサはSnapdragon(MSM8225)で1GHzデュアルコア、その他のスペックを見てもAndroidスマートフォンではミドルレンジ以下といったスペックで、明らかに先進国市場にガチで殴り込むためのものではなく、新興国で安価に供給してシェア拡大を目指すといった目的を感じられる構成になっています。

AOSP版AndroidをベースとするOSプラットフォームは既にいくつかありますが、Nokia X software platformは新たにそこに加わることになります。
Googleに依存しない形でオリジナリティを出すという形はあってもよいのではないかということは以前から言っていましたが、ローカルプラットフォームではなくようやくグローバル展開するプラットフォームでそういう方向性が出てきたことを嬉しく思っています。

ちなみにAndroidベースということで、Android向けapkファイルのインストールについてはいける模様です。
なおイベントで展示されている端末には日本語ロケールが入っていないようです。
新興国向けということで、そもそも日本人が使うということを想定していないのかも。残念。まあそれはそれで、英語が使えればとりあえず問題ないとか、CJKフォントさえ入ってれば……って人も少なからずいそうですね。
CJKフォントが入ってて日本語表示くらいはいけるのであれば、ちょっと興味深い端末ではあります。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1959-ad3ef0ab

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。