HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ソフトバンク、C&S事業を米ブライトスター傘下へ

ソフトバンク、携帯端末アクセサリー事業などをブライトスター傘下に(RBB TODAY)

ソフトバンクはグループの体制再編を発表し、ソフトバンクBBのコマース&サービス事業(C&S事業)を、米ブライトスターとの共同体制にするとのこと。
ソフトバンクBBのC&S部門はIT関連ソフトウェアやハードウェアの販売を中核としつつ、携帯端末のアクセサリー「SoftBank SELECTION」の製造・販売、法人・個人向けの各種サービスの提供などを行っています。
米ブライトスターは携帯通信分野の卸売会社で、今年1月にソフトバンクの子会社になったとのこと。55カ国に拠点を構え、移動通信分野に特化した世界最大の卸売会社なのだそうです。

4月1日付けでソフトバンクBBはC&S事業を分割、新会社「ソフトバンクコマース&サービス株式会社」(ソフトバンクC&S)に同事業を承継します。
ソフトバンクC&Sは、全株式34万株をソフトバンクに交付。その後ソフトバンクC&Sの全株式を子会社である米ブライトスターの子会社(SBC&Sホールディングス合同会社)に譲渡するとのこと。


今回の流れは世界展開への一手であることは間違いありませんが、これをきっかけに海外の良いアクセサリやサービスを日本に取り入れてくれることに期待したいです。
またブライトスターはアクセサリーだけではなく端末の卸売りも行っているとのことで、このノウハウをグループ内の携帯電話事業者における端末流通管理にも応用していくのかもしれません。
結果的に流通コストの削減などで価格が下がったり、面白い端末が国内に導入される助けになればなお良いのですが。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1954-fa1b1c5e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。