HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>BlackBerry

BlackBerry Q5を買ってみた

何か新しい端末が欲しいと思ってました。
いや、先日もNexus 5やDIGNO DUAL 2を買ったばかりで、それはそれで満足してるんです。
ただ最近のAndroid、特にAndroid 4.0以降の端末はすっかり落ち着いてしまって、ある程度どれを買っても安心して使えてしまうようになりました。
それは歓迎すべき事ですが、徐々に御していく楽しみが薄くなったというか、ダメな子ほどかわいいという楽しみ方があまり出来なくなってきてるというか、そういう妙な不完全燃焼感が少しあるのです。
(メインで使う端末が不安要素なく安定して使えるのは大切なことですけどね)

そんな気持ちもあって、自分の中で新しい要素を入れていきたいと思っていました。
とはいえ選択肢は凄く絞られます。Windows PhoneかBlackBerry OSが最有力っところでしょう。
Tizenは多分このまま盛り上がらないでしょうし、Firefox OS搭載端末を手にできるのはもう少し先でしょう。
であれば、これまで全く触ったことがないBlackBerry OSかな。前から欲しかったし。

BlackBerryといえばZ10が発表されたのとほぼ同時期に事実上の日本からの撤退が発表されてしまい、結構残念な思いをしました。
BlackBerryのSIMロックフリー端末って結構お高いという印象がありましたが、調べてみるとQ5なら思ってたよりはお安い。これなら買えるし、Q10の廉価モデルとはいえ性能は十分だと感じます。

そんなわけで、今回は久々にExpansysから購入。
Expansysといえば以前ちょっと嫌な思いをして以来あまり購入先の選択肢にしてこなかったのですが、今回はQ5がこっちの方が安かったってのと、最近はあまり悪い評判を耳にすることもないので。



手続きから2日後には到着しました。早いなあ。前は結構待たされるって印象が強かったけど。
まずはBlackBerry OS10の作法に慣れるべくちょいちょい触ってました。

使っていると以前一時期使っていたPalm Treo 500vを思い出します。この端末がExpansys離れのきっかけになり、この端末を思い出させたBlackBerry Q5は久々にExpansysで購入したってなんか皮肉ですけど。



Treo 500vはWindows Mobile 6 Standardじゃなかったらもっと使いたかった端末でした。

BlackBerry OS10は日本語対応しておらず、メニューの日本語表示も日本語入力も対応していません。
まあそんなんはNokia端末を使ってた頃に散々経験しとるわ。これくらいは多分困らない。

第一の印象は動作が軽いってこと。
画面上部をスワイプダウンすると機能のオン・オフや設定画面に入ったりってのはAndroidとも共通する操作性であまり違和感はなく使えます。
以前のBlackBerry端末(9900とか)はメニューキーや戻るキーがあって、アプリを終わらせる操作や決定動作がハードウェア的に理解しやすかったのですが、今回どうしようと思っていると、画面下部からスワイプアップするとタスクが待機状態に入るようで、マルチタスクでアプリを切り替えるときもここで切り替えられると。これはなかなか気持ちのいい操作性です。
ハード設計に関しては、ボタンの省略はOS7とOS10では操作性が違うからと思いますが、通話・終話キーは残しておいても良かったんじゃないかなと思うんですが。
最近でかくなっていく一方のAndroid端末に対して、Q5の手に収まる感じ(それでいて5インチ級Android端末と併用してても画面の狭さを感じないところ)は使っていてとても心地よいです。
もともとこういう端末は好きですが、嫌らしいくらい好みのツボを突いてきます。

BlackBerry HubではメールやTwitterのリプライなどの通知が一括して見られるので、いちいちアプリを個別に立ち上げる手間がないのも楽。
日本語入力についてもJIMEという入力支援アプリがBlackBerry World(BBのアプリストア的な場所)で公開されていて、前述のタスク切り替え機能を駆使すれば入力+コピペという一見めんどくさそうな操作性が苦になりません。
(日本語表示についてはCJKフォントが入ってるので全く問題なし)

……BlackBerryすげえよ。

先日OS10.2.1が公開されたようですが、うちの端末はまだ10.2.0.424……
10.2.1は日本語表示&入力に対応しているそうで、早く体験してみたいところです。

ちなみに通信についてはLTEに対応していますが、対応しているのがBand 3とのことで、日本でこのバンドでサービスしてるのはドコモ東名阪バンドとイー・モバイルLTEのみ。
他にもBand 7,8,20に対応してるそうですが、コアバンドであるBand 1には対応してない模様。
ソフトバンクが900MHz帯LTE(Band 8)サービスを展開すればSBM回線のLTE接続が出来るかもしれませんが、SBM契約で接続したくても一筋縄ではいかない気がする。
使える回線とすればイー・モバイルのLTE回線で通話機能を捨てるか、東名阪バンド提供地域でドコモ回線を使うかってところでしょうか。データ通信は3G(HSPA)が頼みの綱だと思います。

しかしOS 10.2.1で日本語対応したということは、次期モデルで日本再販が検討されていると考えるのは、期待しすぎでしょうかね。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1931-23d7d296

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。