HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

MEDIAS PPを再評価してみた

昨年購入したものの予想以上に運用評価が低く、使うでもなく放置状態になってしまっていたMEDIAS PP(N-01D)ですが、放置しておくのも勿体ないので、下取りに出そうと考えました。
しかし下取りの査定価格を聞いてみて、手放すには勿体ない金額だったこともあり、そのまま持って帰り、下取りに出すのはやめにしました。

査定に持って行くにあたり初期化していたのですが、せっかくなので一度まっさらにした状態で再評価にかけることにしました。

実はこの端末もXperia play同様にrootedにするつもりで処理していたのですが、どうもこの端末はNANDロックがきついようで、不要なアプリを消すということが難しい様子。
NANDロック解除も出来なくはないのでしょうが、自分のスキルの範疇を超えているようなので、それはやめにしました。

とりあえず最低限必要なアプリを導入して評価を開始。
ホームUIは以前はAndroid標準UIを経てサードパーティのホームアプリを導入していましたが、今回は敢えてdocomo Palette UIを使うことに。

以前運用していた時は、文字入力に謎の引っかかりがあって非常にストレスを感じていました。
これは標準搭載のATOKのせいかと思い、他のIMEも試してみたのですが結果は同じ。
最終的にはこれが嫌で使わなくなってしまったのですが、今回はまったくその兆候がありません。
rootedを試みた際に一度標準のATOKを無効にして、Google Playで公開されているATOKを入れたのが何か関係しているのかもしれませんが、とりあえず現在のところ、以前のような引っかかりは皆無。

またdocomo Palette UIも以前使ってみたところ非常に動作がもっさりとしていて使う気が起きなかったのですが、今回使ってみるとそれほどストレスを感じません。
さすがにソフト的な改良は行われているのでしょうが、これなら問題ない。
最近の端末でdocomo Palette UIを使ってもさほどストレスを感じないのですが、ハードのパワーが上がっただけでなく、ソフトの改善も図られているということなのでしょうか。
とはいえ、時折もっさりとした動作をする場合がありますが、毎度のことではないのであまり気にしないようにしています。

また以前は使わずに放置していても2日ほどしかもたなかったバッテリーですが、4日を経過してもまだ4割程度残っていることから、こちらも改善しているようです。
バッテリーのもちの悪さもあまりに名前負けしていただけに大きな不満点でしたが、こちらについても評価を改めるほかありません。


まだ初期評価の最中ではあるのですが、以前ストレスを感じていた要素がすべて改善されてしまったこともあり、正直言って以前とは真逆の印象で少し戸惑いを感じています。
結果的に良い方に転がっているので、この端末もサブ用途としての運用に戻すつもりです。
画面表示が綺麗なので、電子書籍や動画再生用途に主に使おうと考えているところ。
不満点さえ解決してしまえば、基本的に嫌いな端末ではないので、実運用用途での検証ももう少し行いたいところではあります。
この端末だけmini UIMなので、他のSIMと入れ替えるというのが出来ないのが色々と不便ではありますが。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1918-531b7216

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。