HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

NTTドコモ2011年春モデル発表会に思うこと

本日13時から、NTTドコモの2011年春モデル発表会が行われました。
ストリーミング配信も行われたので、ライブでご覧になられた方も多いのではないかと思います。

今回発表になったのはスマートフォン(スマートフォンタイプ2機種、タブレット1機種)3機種、フィーチャーフォンの発表はありませんでした。
ドコモにしては随分振り切った感じの内容だと感じます。
まさかこの時期の発表にフィーチャーフォンがゼロというのは予想外でした。

端末そのものの印象は当方のAndroid向けブログや、他の媒体等にお任せするとして……


気になったのが、本日発表された機種の強化版が「夏モデルでは発表される」という印象を与える山田社長の発言がまずひとつ。
Twitterなどを見ていると、やや買い控えるような動きも見て取れたことから、ちょっとまずかったのではないかと。
また時期的に仕方ないのかもしれませんが、質疑応答の内容のほとんどがSIMロックフリーに関するものだったこと。
今日はSIMロックフリーの発表会ではないと神尾 寿氏もTwitterでつぶやいてらっしゃいましたが、まさにそのとおりで。
ただこの発表の中でもSIMロック解除に拘束期間を設けない旨の発言が見られたのはちょっとまずい気がしました。
本当に拘束期間を設けなかったら、割賦踏み倒しと海外流出が容易に発生してしまいそうな気がするためです。
これを防ぐためにはよっぽどの対策が必要なのではないかと思われますが、
また、おそらく社内でも詰め切れていない部分がある故ではないかと思うのですが、あまりにも山田社長の説明がしどろもどろで支離滅裂というところが、受けての印象としては非常によろしくなかったように感じられてなりません。

更に言えば、新入学に伴う契約を取り込む商戦となりえる春モデルで、スマートフォンのみの投入というのはあまりに振り切りすぎたのではないかとも感じるわけで。
学生でもスマートフォンを持ちたいというユーザーが増えているのは確かですが、フィーチャーフォンで出来ることがスマートフォンに出来ないことがあるということをどの程度認知されているかについては、もう少し慎重に構える必要があるようにも感じられます。
またハイエンドモデルばかりの投入となってしまい、金額的にも狙うべきユーザーの要求とズレてはしまわないのかという懸念もあります。
せめてミドルレンジをカバーするモデルを1機種でも投入するのであれば、少し違う気もしますが。


ともあれ、春モデルの販売動向については少し気をつけて見てみたいと考えています。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1890-2eef6b17

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。