HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

au電波調査に来て貰った。結果は空振りだった。

先日こちらにも書いたのですが、自宅のauの品質が芳しくないので、電波調査を依頼しました。

状態としては、音声通話に雑音が混じることがあるのはまだいいとして、パケット接続が安定しないという問題を抱えています。
接続に時間がかかったり、ひどいときは接続すらできません。
更に3Gマークが長時間消えたままになってしまうという状態も確認しています。

今回の調査では2名、NEC系列の会社からいらっしゃいました。
周辺エリア図を見せて貰うと、800MHz帯基地局が周辺に3局、うち1局が至近にあるようです。
一方で2GHz局が少し離れていて、自宅周辺が弱電界エリアになっているようでした。
ちなみに新800MHz帯をN800、旧800MHz帯をL800(レガシー800)と呼称しているようです。
私も元業界の人間ですから、ある程度専門的な内容も理解できてしまうわけで……

電測の結果、800MHz帯は非常に良好なのですが、2GHz帯が非常に苦しいとのこと。
EV-DOが更に厳しいようで、こいつが悪さをしているようです。
接続の優先度が2GHz帯を優先しているそうで、2GHz帯の中でもEV-DOと音声で再接続を行った挙げ句、800MHz帯にハンドオーバーするということを繰り返している模様。
2GHz帯の電界がもう少し強ければ問題ないのですが、2GHz帯の電界が受信するギリギリであるため、かえって800MHz帯への接続を邪魔する結果になっているようです。
これにより接続が安定しないことが今回の不具合の原因であると考えられます。
室内にレピーターを置いてみても、元の電界が弱く途中で元の電波が圏外になってしまったり、余計に再接続で悪さをしている状態になってしまったので、レピーターでの改善も難しいとのこと。
うちはKDDIの光回線ではないので、フェムトセルの導入も行えません。

なんでも自宅周辺数件で同様の不具合申告があるそうで、いずれも2GHz帯が800MHz帯への接続を阻害しているという今回のうちの事例と全く同じ結果なのだそうです。
うちの周辺が2GHz帯が弱電界であることから、そこをカバーするためにチルト角が浅めにしてあるのかもしれません。
そのため本来圏外になるようなエリアでも微弱波が飛んでしまい、この様な不具合が生じているのかもしれないですね。
今回打つ手がないのでこれといった対策がされなかったのですが、今回のデータはKDDIに報告されるので、チルト角変更や基地局計画の整備などの対策を打っていただければと思います。


今回いらっしゃった調査員の方は非常に丁寧で感じが良かったです。
こちらの申告からの対応も迅速でしたので、今回非常に好印象でした。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1887-a31a2559

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。