HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Windows Mobile

ウィルコム、HYBRID W-ZERO3の販売を再開。

ウィルコムは、3G回線を利用する「WILLCOM CORE 3G」に、ソフトバンクモバイルの3Gネットワークを利用する新料金プランを発表しました。
新たな料金プランは、法人ユーザー向けの「3Gデータ定額ビジネス(S)」と、スマートフォン向けの「新ウィルコム定額プランGS」。
3Gデータ定額ビジネス(S)は10月1日から、新ウィルコム定額プランGSは10月8日から提供を開始。
いずれのコースとも3Gのデータ通信速度は下り最大7.2Mbps、上り最大1.4Mbpsとなっています。

データ端末はすべてSBM対応のものに変わるほか、新ウィルコム定額プランGSが利用できるWindows Mobile端末「HYBRID W-ZERO3」を発売(販売再開)するとのこと。
データ通信端末は既存のモデルではSBMのネットワークは利用できないため、料金プランを変更したい場合は端末の買い直しと再契約が必要になります。
また新サービスの開始に伴い、ドコモFOMA網を使用する「3Gデータ定額ビジネス」は10月1日以降、「新ウィルコム定額プランG」は10月8日以降は新規の申し込みができなくなります。

新ウィルコム定額プランGSは、Windows Mobile 6.5搭載スマートフォン「HYBRID W-ZERO3」向け、これまでドコモのネットワークで提供してきた「新ウィルコム定額プランG」を置き換える料金プランです。

月額料金は1450円、ウィルコム同士の通話とPHSデータ通信は無料、3Gのデータ通信は0~5250円。
料金プランは1年契約となるほか、契約から3年の間に回線の解約、または新ウィルコム定額プランS以外の料金コースへ変更する場合、年間契約解除手数料以外に「新ウィルコム定額プランGS」解除料として、5775円がかかるとのこと。
ネットワークがSBMのものになるため、通信速度は下り7.2Mbps、上り1.4Mbpsに変更となります。
販売が停止されていたHYBRID W-ZERO3は10月8日から販売を再開。


ウィルコムがSBMの手に落ちた時から、この日が来る事は予感してはいたものの、やはりショックではあります。
新プランはどう考えても誰得!?としか言いようがなく、メリットをどう見出したものかというのが正直な感想です。(別に悪意があって言ってるわけではないのですが……)

灰鰤が欲しかったけど買えなかったという方が、3G回線を寝かせ覚悟で購入されるという図式しか思い浮かばないあたりが悲しいところではあります。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1870-31977db7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。