HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

携帯端末向けマルチメディア放送、ドコモ陣営が勝利

総務省の諮問機関、電波監理審議会は、「携帯端末向けマルチメディア放送」の受託放送事業者について、NTTドコモ陣営のマルチメディア放送(mmbi)とするべきとの答申を行いました。
この答申を受けて、最終的な判断は原口総務大臣が行います。

携帯端末向けマルチメディア放送は、2011年に停波するアナログTVのVHF帯(207.5MHz~222MHzの14.5MHz)を用いて提供される予定の新サービスです。
総務省が定めた開設指針では、この携帯端末向けマルチメディア放送に利用する電波を1事業者に割り当てるとのことでしたが、NTTドコモを筆頭にフジテレビジョン、ニッポン放送、伊藤忠商事、スカパーJSAT、日本テレビ放送網、テレビ朝日、東京放送ホールディングス、電通、住友商事らが株主に名を連ねるマルチメディア放送(mmbi)がISDB-Tmm方式で、KDDIと米Qualcommの日本法人、クアルコムジャパンのジョイントベンチャー、メディアフロージャパン企画がMediaFLO方式で名乗りを上げていました。

mmbiに軍配が上がった理由は、財務基盤の強固さや基地局の整備能力、エンドユーザー向けの料金水準などで優位、もしくはやや優位と電波監理審議会が判断したとのことですが、一般的にはメディアフロージャパン規格の方が具体性があるのでは?と見られていたようで、結構『意外』という反応が多かったように思います。
クアルコムに主導権を握られるであろうMediaFLO方式を避けたのでは?という観測も多いように感じています。

ワイヤレスジャパン2010で、ISDB-Tmm方式の受信機からWi-Fi経由でXperiaに映像を送信するというデモをやっていましたが、これはこれで期待したいところではあります。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1007/14/news051.html

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1861-3f9b3e21

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。