HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>iPhone/iPad

iPhone 4を見せてもらってきました。

本日、iPhone 4お披露目会に出席して、iPhone 4を見せていただいてきました。

会場に向かう途中の地下鉄の中、iPhone 4を使っている方を発見、その後喫茶店に入るとそこにもiPhone 4ユーザーがいたので、結構買ってる人もいるのだなと思いました。
(知人数名は初日の予約すらできなかったり、ホワイト待ちで予約をキャンセルしてたりします)

DSCF0637.jpg DSCF0638.jpg
DSCF0639.jpg

第一印象としては、小さくなった、薄くなったという他に、これまでのApple製品とは少し毛色が違うデザインに思えるという従前の印象がより強くなったということ。
背面のAppleロゴがなかったら、他社のスマートフォンと言われても信じてしまうかも知れません。

DSCF0640.jpg

比較用に持っていったiPhone 3Gと比べても、確かに薄く小さくなってるのはわかります。
ただ、いくら小さくなったからと言っても、側面のエッジが立ったデザインはやはり持ちやすさに影響するように感じます。(金属部品が増えたのもあり、長時間握ってるとちょっと痛い)
iPhone 3Gが出てきた頃のデザイン論とはちょっと逆行している気もするのですが……

ただこの形状はメリットにもなり得ると感じました。
3G/3GSは曲面を描くデザインだったので、保護フィルムを貼ろうにもなかなか難しいという問題があり、実質的には保護ケースを装着するという方法で保護するしかありませんでした。
しかし、保護ケースを装着すると本来のデザインを生かせないというジレンマがあったわけです。
しかしiPhone 4は直線的なデザインになったことにより、背面の保護は保護フィルムに頼ることができるようになりました。
このため、バンパー+保護フィルムという必要最小限の形で本体デザインを生かしやすくなったとは言ってよいのかなと思うのです。

液晶は確かに綺麗ですし、フォルダ機能も便利だと思います。
またマルチタスクについても「疑似マルチタスクなんじゃ?」という疑念は残りますが、出来ないよりはいいという部類に入る内容かと思います。
(マルチタスク対応はOSだけではなくアプリもそれ前提の改修が必要らしい話を昨日聞いた)
意外だったのはA4プロセッサ搭載でもっとキビキビした動作になることを期待していたのですが、それほどでもなかったということ。
重いとか、もっさりしているとか、そういうわけではないのですが、体感速度的には3Gから3GSになったときのようなインパクトはなかったかなと思います。

新規にハードを起こした第3世代としては、順当な進化を遂げているのは間違いないと思いますし、その意味では旧モデルより確実によくなっていることには同意します。
ただ、あくまで個人的な印象ですが、進化の度合いが想定の範囲内で収まってしまっている感じで、3Gや3GSが出たときのような驚きはなかったなというのが偽らざるところではあります。

DSCF0641.jpg DSCF0642.jpg

試しに、持参していたユニバーサルドッグ(iPhone 3G/3GS用アダプタ装着)に置いてみたところ、一見ちゃんとはまっているようでしたが、コネクタの接触が甘かったようです。
皿を外してちゃんとコネクタを接続してみたところ、リモコンでのiPod操作は可能でした。


また、昨日あたりから話題になっている左手で握ると3Gの電波が減衰する問題についてですが、試させていただいたところしっかり再現しました。
この端末に限らず、日本国内で販売されている端末も含めて大なり小なり起こりうる問題であると思っていますが、ここまではっきりと出てしまうのも珍しい気がします。
Appleが推奨するようにバンパーを装着するか、ジョブズ持ちするか……くらいしかしばらくは解決法がない気がします。


実物を見ての感想は、やはりiPhoneはiPhoneなのだなということ。
別に褒めるわけでも貶すわけでもないですが、率直にその様に感じました。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1829-e352503f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。