HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>その他ケータイニュース

富士通と東芝、携帯電話事業の統合で基本合意

富士通と東芝は、携帯電話事業の統合に基本合意したことを発表しました。
7月末をめどに最終的な契約を締結、10月1日を目処に新会社を設立する予定。
両社では、国内の携帯電話端末の開発基盤を強化し、国内シェアナンバー1を目指すとしています。

新会社には東芝の携帯電話事業が移管され、富士通が新会社の株式の過半数を取得する予定。
富士通は新会社に対し経営・開発ノウハウを提供し、部材調達なども共通化するとのこと。
新会社の開発拠点は富士通の川崎工場が中心となる見込みだそうです。
当面は現在の東芝ブランドが継続される見込みで、KDDIを中心に、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル向けに携帯電話が供給される予定。

先日新聞で観測気球が上がったときは例の如く否定していましたが、その数日後のこの発表。
株価に影響する話なので迂闊に認めるわけにはいかないってのはわかるんですが……

富士通は現在ドコモ向けで一定のシェアを獲得しており、プラットフォーム開発にも関わっています。
東芝はドコモ、au、SBMと主要キャリアに端末供給を行っているほか、スマートフォンにも積極的に取り組んでおり、また海外向けの端末供給も継続中。
両者とも好調なので、この時期の統合を訝る声もあったようですが、好調な今だからこそ敢えて統合に踏み切ったのかなとも思います。

統合の効果が出る端末の登場は来年の後半になるかと思いますが、それぞれの強みを生かした端末の登場に期待します。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1828-024575fe

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。