HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>その他ケータイニュース

クアルコム、デュアルコアSnapdragonを発表

米Qualcommは6月1日(現地時間)、台湾で開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2010にて、同社初となるデュアルコアの「Snapdragon」チップセットを発表しました。

Snapdragonプラットフォームの第三世代に当たる新チップセット「Mobile Station Modem MSM8260/MSM8660」は、最大クロック1.2GHzのプロセッサコア2基と3D/2Dアクセラレーション機能を持つGPUを搭載。
MSM8260はHSPA+に、MSM8660はHSPA+/CDMA2000 1xEV-DO Rev.Bに対応。
グラフィックスAPIのOpenGLES 2.0およびOpenVG 1.1をサポートし、高精細(1080p)動画のエンコード/デコードが可能。

ちょうど1年前に発表されたQSD8650Aは45nmプロセスで1.3GHz、QSD8x72はデュアルコアで1.5GHzということでしたが、今回発表されたものは間を取ったようなスペックだと感じます。

従来Snapdragonはスマートフォンや携帯ゲーム機など向けのQSDシリーズと、PNDなど単機能なデジタル機器向けのQSTシリーズに分かれていたと記憶していますが、今回は一般的な携帯電話向けチップセットのMSMシリーズとしてリリースされています。

今後MSM8260/MSM8660を採用したスマートフォンやスマートブックが投入されることが予想されますが、処理能力向上だけではなく、バッテリー消費も改善されるといいなと思います。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1821-7301961b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。