HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

KDDIの2010年夏モデルに対する所感

長くなってしまったので、所感を別に分けました。

正直なところ、ここ最近のKDDIの発表には拍子抜けさせられることばかりでしたが、今回は久々に注目点が多い内容だったように思います。……ある意味良くも悪くもなんですが。

まずはケータイ全機種が防水対応。
主婦など水回りでの使用が多いユーザー、風呂の中にまでケータイを持っていく若年ユーザーにとっては防水ケータイの選択肢が広がるのは嬉しいでしょうし、これからのシーズン、雨や汗など水気の危機には事欠かないだけに、地味ですが使い勝手には想像以上に寄与すると思うのです。
今回のKDDIの発表はケータイの使い勝手の向上が随所に考えられていると感じたのですが、これはこれでひとつの道だと思います。
将来的にはスマートフォンにも防水モデルを拡大してくれると、色々と嬉しいかも。

「au Wi-Fi WINカード」の発表については比較的好意的に受け止めています。
Wi-Fi機能が搭載されていても必要としないユーザーもいるでしょうし、もしWi-Fiモジュールを別売にすることで端末コストを低減することが出来るとしたら嬉しいことなのではないかと。
また最初は必要ないと思っていても、後から必要になったときに追加できるのは嬉しいところです。
しかしmicroSDスロットが1つしかないため、メモリーカードと排他利用になってしまうことがやはり残念と言えば残念。
可能であれば端末のデュアルスロット化や、メモリ機能を内蔵するなどのアップデートに期待。
また、Wi-Fiモジュールを内蔵する端末との差別化がいまいちわかりにくいので、モジュール内蔵端末は11nまで対応するとか、Wi-Fiルータ機能を持たせるといった付加価値があると嬉しいですね。

フェムト基地局については、対応回線がauひかりのみであるため、どれだけ有効なのか疑問を感じます。
auひかりが引けるような場所って、比較的auのネットワークで不感となるエリアが少ないような。
やはり高層マンションなどの上層階あたりを狙ってるんでしょうかね。


端末については、個人的にはソニエリ製の2機種がどちらも気になります。
また、近々我が家のテレビがREGZAになるので、東芝のREGZA Phone T004も気になる。
SA002もどれだけ使い勝手が良くなったか気になります。SA001はデザインの評価は非常に高かったのですが、使い勝手がいまいちという評判をよく耳にしていたので。
簡単ケータイSに1xWIN対応端末が出たのももっと注目していいんじゃないかなと。
パンテックはもう簡単ケータイシリーズだけやるのだろうか。


先程Twitterで反応を見ていた感じでは、いまいち芳しくないようでしたが、今回はもう少し評価してあげてもいいんじゃないかなぁと私は思うんですけどね。


【1件追記】
今回ついに非スマートフォンにSnapdragonが搭載されました。
それはそれで面白いとは思います。ただ、重いプラットフォームをCPUパワーで無理矢理ぶん回してやろうという発想が正しいのかというと、ちょっと悩みますね。
重いプラットフォームなんか使わない方が先じゃないかと言われたら、それはその通りだと思うし……

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1808-b34bd395

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。