HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

EMONSTER on Androidについて、バッテリーのもちを再検証

以前、EMONSTER(S11HT)上で動くAndroidを試したことを紹介しました。
http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/blog-entry-1721.html
http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/blog-entry-1722.html

その後あまりのバッテリーのもたなさに使わなくなってしまっていたのですが、ふと思い立ち再検証を実施しました。

まず、3G・Wi-Fi有効状態での連続待ち受け時間を調べてみると、長持ちしていても大体6時間弱(コンディションによっては5時間もつかどうか)ということで、どうも3Gが相当バッテリーを食っている感じ。
スリープ状態でもバッテリーが結構熱を持ちます。

そこで、フライトモードにして3Gを切った上で、Wi-Fiだけを有効にした状態(画面が消えたらスリープに移行する設定)で連続待ち受け時間を調べたところ、13時間程度まで延びていることを確認しました。
画面オフの時はWi-Fiはスリープに移行する設定にしている割に、思ったほど待ち受け時間が延びません。
画面オフの待ち受けに移行してもしばらくバッテリーがほんのり熱を持ったままになることから、どうもWi-Fiのスリープ移行が上手くいっていないのか、スリープ中であっても給電量が多いことが想像されます。

そこで、今度はWi-Fiも切った上でフライトモードで無線は完全に殺した上で稼働時間を調べたところ、20時間弱まで延びたことを確認しました。

このため、やや不本意ではありますが、EoAを使う場合はこまめにワイヤレスを切るという運用法が基本になりそうです。
また、EoAでは駆動時間的に3Gが実用に耐えないことが確認できたので、気兼ねなく回線をMNPできそうです。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1805-fdb480d6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。