HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

シャープ、Android開発キット「JN-DK01」の発売を開始

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/100512-b.html

シャープは、Androidのアプリケーション開発者向けの専用端末(開発キット)の「JN-DK01」を本日から販売を開始したと発表しました。

JNDK01-04.jpg

オープン価格となっていますが、デベロッパー向けサイト「SH Developers Square」に無料会員登録して購入ページに進むと、94,800円(優待価格)との記載があります。

https://sh-dev.sharp.co.jp/android/modules/jn-dk01/

仕様詳細も掲載されていますが、FMトランスミッターやワンセグはAPI使用不可とのことで使えない(ということはハードウェアとしては実装してる?)とか、

電話帳、twit SH、mixi for SH、内蔵辞書、Documents To Go、カメラ、情報リーダー、名刺リーダー、テキストリーダー、バーコードリーダーなど、IS01に搭載されているシャープ独自アプリは搭載されません。また、Androidマーケット、Gmail、チャット、YouTube、マップなどのGoogle提供アプリは搭載されません。

という記載があり、(ある程度予想通りですが)かなり色々外されていることがわかります。

IS01ではなく、ネットワーク端末としてJN-DK01を狙ってる人もいたようですが、値段も思っていた以上に高く、機能的にも制約が大きいということで、やはり普段使い目的で買うには敷居が高そうです。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1801-b29f5249

コメント

値段が
スペックからすると恐ろしく高いような。「開発者向けだから高い」というのはおかしいし(開発者にはタダで配るメーカーもあるし)。単純に「数が少ないからコストが高い」ということでしょうかね。このまま海外で売れば売れるスペックと機能を備えているのに、値段で合いそうもないなぁ。
確かに値段が……
仮にSIMロックフリーの3Gモジュールが搭載されていて、ワンセグやFMトランスミッターも使える状態で提供されていたら、「キャリア向けはインセンティブがあるから」という論理で納得しないでもないんですが……ただSBMで売ってるシャープのハイスペック端末ってこれくらいの値段でしたよね。

単にスマートフォンとして見ても、HTCのAndroid Dev Phoneなんかの発売当時の値段を考えても、やっぱり割高ですよね。
量産効果の話をするなら、ドコモにも同系統のハードを供給するという話があるようで、SBMにも供給する可能性はなきにしもあらずと考えると、海外にも展開すれば量産効果で値段は下がらないのかなと思わないではないです。
シャープの戦略がよくわからないので、すべて憶測レベルですけど。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。