HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

技適マークの表示がディスプレイでの表示でも可に

日本国内で携帯電話などの通信機能を持つ電子機器を使用する場合、「技術基準適合認定」を受ける必要があり、技術基準適合認定を受けた端末には、端末機器の技術基準適合認定等に関する規則によって、いわゆる技適マークを「見やすい箇所に表示を付さなければならない」と定められています。

しかし、4月28日付の官報で総務省令第五十九号「端末機器の技術基準適合認定等に関する規則の一部を改正する省令」の改正が公表されました。
http://kanpou.npb.go.jp/20100428/20100428h05303/20100428h053030003f.html

今回の改正により、技適マークの掲示について「見やすい箇所に付す方法」のほかに「電磁的方法により記録し、当該端末機器の映像面に直ちに明瞭な状態で表示することができるようにする方法」で表示すればいいことになったそうです。
(この場合、表示を電磁的方法で記録していることを明示する書類などを製品に添付その他の適切な方法により明らかにする必要があります)
また表示は「容易に破損しないもの」である必要がありましたが、こちらも「電磁的方法によつて表示を付す場合を除く」という但し書きが追加されました。

これまで海外メーカーが端末を日本で販売する場合、または日本国内で使用する場合は(法的には)技適マークが本体のどこかに掲示されている必要があり、日本向けの製品は別途筐体にプリントしたり貼り付けシールを用意する必要がありました。
しかし今後発売する通信機能付きのデバイスは、ソフトウェアで技適マークと認定番号が表示できれば、刻印やシールは必要なくなります。
もともと日本で技適をとっていない機器については(法的には)どうしようもないのは変わりませんが、日本で技適を取ってはいるけど、技適マークが掲示されていない同一モデルを海外から取り寄せる場合など、今後は技適マークの表示が電磁的になされることで法的問題もクリアできるようになる余地は大きくなったと言えるかも知れません。
また、海外メーカーの製品を日本で販売する際のハードルが多少下がったとも言えるかも知れません。

素朴な疑問として、技適マークと認定番号の掲示は例えばそれを記録した画像ファイルを表示するという方法でも大丈夫なんでしょうか?
(明示する書類などを製品に添付その他の適切な方法により明らかにする必要のあたりでアウトかもですが)


どうせやるなら、CEマークまたはFCCマークの認定を受けていたら技適はなくても大丈夫となればいいのですが、さすがにそこまで望むのは無理ってもんでしょうね。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1798-eac2693a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。