HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

HT-03AにCM5.0を導入してみる

これまでに何度かHT-03A(2号機)には色々とカスタムROMを導入してきました。
ただ、これまでCyanogenMod系は手を出さずに来ました。

理由はいくつかありますが、まずリカバリユーティリティがFlashRecoveryではなくRA-sapphireが必要らしいこと、そしてどうやらカスタムROMから導入すると不具合が生じるらしいという話もあり、敷居が高いと感じていました。

ただ先頃リリースされた5.0.7が爆速らしいという話を見かけるようになり、これは試してみたいと感じるようになりました。

なんか色々とハマったので、備忘録ついでに手順をまとめます。


例の如く、基本的な手順は検索すれば見つかると思います。
私も某有名なwikiを拝読させていただいてますので。

まずリカバリユーティリティをRA-sapphireに入れ替えないといけません。
イメージをダウンロードしてきて、イメージをSDカードにコピー。それを下記のコマンドで導入します。

#flash_image recovery /sdcard/recovery-RA-sapphire-v1.5.2G.img


(激しく端折ってますので、どこからこのコマンドを入力するかは検索して下さい。答えを見つけられない人はやめといた方がいいかも知れません。)

ここまでは順調でしたが、ここでハマりポイント1。
電源投入時にホームキー同時押しでリカバリモードに入りますが、どうやらmenuキーを間違えて押していたようです。
もしこの方法で失敗した場合は、PCと接続して以下のコマンドでもリカバリモードに入れます。

#reboot recovery



リカバリモードに入る前に、イメージファイルを入手してSDカードに入れておかなければいけません。
cyanogenmodのforum(こちら)から、イメージファイルとGoogle Addonをダウンロードし、SDカードにコピー。
CyanogenModは標準ではGoogleのアプリケーションが入っていないので、Addonを追加しないといけません。

ここでハマりポイントその2。
今回使用するGoogle AddonはEPE54B用を使用しなければいけません。
しかし上記リンク先のファイルはERE36Bと書かれています。
ダウンロードしようとした際にサーバにアクセスできなかったため、よそからダウンロードしたのですがこれが違うファイルだったようで、導入に失敗してました。
しかし、上記のERE36Bと書かれたファイルでちゃんと導入できるので、名前に惑わされないようにした方がよさげ。

SDカードに必要なファイルを導入したら、早速カスタムROMの導入。(手順省略)

導入に成功すると、バカッ速のAndroid 2.1が動くはず。
これまで2.1系カスタムROMではOpenEclairやCompleteEclairを試してますが、いずれも重くて、HT-03Aのハードウェアスペックで実用に耐える2.1系カスタムROMはないのかと思っていましたが、CM5.0は実用出来るのではないかと感じ始めています。


とりあえずスクリーンショット。

cm507_001.png

Google Addonを導入しない場合、Googleアプリケーションはありません。
繰り返しになりますが全体的に動作が非常に軽快。

cm507_002.png

お約束のシステム情報。

なお、今回こちらなどで紹介されている方法を使い、b-mobile SIMやWILLCOM CORE 3Gを使えるようにするテストを行いました。
WC3Gは手元にSIMがないのでまだ未検証ですが、b-mobile SIMで接続できることを確認しました。

cm507_003.png

アンテナ表示はやはり正常に動きませんが、接続自体は出来ています。


とりあえず、眠いので今日の作業はこの辺で。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1794-e08e4ac0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。