HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ケータイ以外のガジェット

シャープ、NetWalkerの新モデルを発表

シャープは、モバイルインターネット端末「NetWalker」シリーズの新モデル「PC-T1」を5月に発売することをはっぴょうしました。
価格は4万7000円前後になる見込み。ボディカラーは、シルバーとブラックの2色。

pct102.jpg  pct105.jpg

前モデルで不評だったキーボードを、新モデルでは改善してくるのかと思いきやなくしてくるという潔さ。
予測してなかったので笑ってしまいました。
キーボードをなくしたことにより、サイズが161.4×108.7×24.8mmから150×90×21.3mmに、重量が約409gから約280gに小型軽量化が図られています。
新たにBluetoothをサポートし、HIDプロファイルに対応することで、キーボードやマウスをワイヤレス接続して利用できるようになりました。
ディスプレイ脇にはクリック対応の光学式のポインティングデバイスも装備しています。

5インチ1024×600ドット(WSVGA)の抵抗膜方式タッチパネル対応ディスプレイを装備、OSはシャープがカスタマイズしたUbuntu 9.04(ARM版スマートブックリミックス)、CPUがFreescale i.MX515(800MHz)、メインメモリが512MB。
この辺は前モデルと同様ですが、内蔵メモリが4GBから8GBへと拡張されています。
ただし、新規アプリケーションや電子辞書、電子ブックといったコンテンツがプリインストールされた関係で、ユーザーエリアは2GBから1.5GBに減ってしまったそうです。

新規にプリインストールされる手書きノートソフトは、手書きでメモが残せるほか、PDFファイルを参照し、その上に手書きでコメントを加えることもできるそうです。
手書きに加え、透過型のソフトウェアキーボードを呼び出すことで、テキストデータの入力も行えます。(手書き文字認識にも対応)
コメントを加えたPDFファイルは新たにPDF形式で保存できるようになっており、これをメールに添付して送信することも可能とのこと。
このほか、電子辞書や電子ブックを搭載。電子書籍販売サイトからダウンロード購入することも可能だそうです。
電子ブックリーダーは、 XMDF形式とTXT形式に対応。

外部インターフェイスとしては、USB×1、miniUSB×1(充電端子として使用)、ヘッドフォンジャック(3.5mmステレオミニジャック)、マイク入力、microSDHC対応のカードスロットを装備。
無線LAN(IEEE802.11b/g)対応。バッテリー駆動時間は約6時間。


なかなか面白そうなデバイスが出てきましたが、ユーザー領域が減ってしまったのはちょっと残念かも。
ユーザーデータはmicroSDに入れるとして、Ubuntuのアップデートや新規アプリ追加などは問題ないのかなとか思ったり。
来月発売されたら、ヘビーモバイラーがこぞって買うのでしょうから、ファーストインプレッションを楽しみに待ちたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1785-3f401709

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。