HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

【要ダウングレード】HT-03Aにカスタム ROMを導入する(その2)

以前こちらの記事で、HT-03A(2号機)にカスタムROM「Dwang 1.17.1」を導入するという内容を紹介しました。

しばらくそのまま運用しつつ、HT-03A(1号機)のバックアップとして運用していましたが、Xperiaを導入したことによりHT-03A(1号機)のバックアップとしての運用が不要になりましたので、本来の用途であるカスタムROM検証用端末に戻すことにしました。
そこで、前々から手を出したかったEclair化(2.x系カスタムROMの導入)に挑戦することにしました。


※ カスタムROMを導入できる環境になっている時点で既にその端末は保証が効かなくなっていますが、
※ 正規のROMではないためどのような不具合があるかわかりません。
※ 場合によっては端末が文鎮化する恐れもあることは覚悟の上で行いましょう。
※ 作業手順が理解できないのであれば絶対にやめた方がいいです。当方もサポートは致しません。



前回の記事で参照先を掲載していましたが、どうやら最近参照先の管理者の方に問い合わせが殺到しているという話を目にしましたので、参照先の掲示は差し控えることにします。

基本的な作業手順としては、microSDカードにカスタムROMのファイルを保存し、リカバリーモードで起動してwipeの後、イメージを適用するというだけだったりします。

今回導入したのは「OpenEclair 1.2.1」です。
OSバージョンとしては2.1-update1となります。

openeclair0001.png  openeclair0002.png

待機画面やホーム画面はNexus Oneで見慣れた感じ。
壁紙にはライブウォールペーパーを設定することも可能ですが、さすがにHT-03Aの処理能力では辛そうです。

openeclair0003.png  openeclair0004.png

このカスタムROMは日本語ロケールと各種リソースが最初から入っているため、メニューも日本語になります。

openeclair0005.png

2.1のメリットの一つとして、マルチアカウントへの対応があります。
2つ以上のアカウントを同時に同期する場合、自動同期を有効にしないと2つ目以降のアカウントのメール・カレンダー・連絡先は同期できないようです。

openeclair0006.png

また、このROMはUSBテザリングが取り込まれているようで、最初からこんなメニューが入っています。


動作スピードについては、HT-03A純正以上、Dwang未満といったところでしょうか。
動作が軽いカスタムROMを使い慣れてしまうともっさり感を感じるかも知れませんが、HT-03Aのノーマル状態に慣れていると、劇的とまでは言いませんがやや速いように感じます。
お手軽にEclairを試すにはOpenEclairでも十分かもしれませんが、YouTubeアプリが入っていないようなので、動画閲覧が多い人はこのROMの使用には注意です。

他にもEclair系のROMはあるので、折を見て試してみます。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1777-37e445a3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。