HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

「ケータイと共に育ってきた女子大生がiPhoneに思うこと」に思うこと

ケータイと共に育ってきた女子大生がiPhoneに思うことという記事があることを偶然に知りました。
早速拝読しましたが、非常に興味深い内容です。

その中でiPhone、というか多分これってスマートフォン全般に共通する事だと思われる不満が挙げられていました。
しかしその中のいくつかは、将来的に解決できるかも知れないと思ったりもします。


片手だとうまく使えない
これは女性だとより切実かもしれません。
また、今後大画面化が進んでしまうとより指摘されるかも知れないないようですね。
端末のデザインで実際の幅を意識させなくする必要が今後より重要度を増してきそうです。


ミクコレ(mixiのケータイ用スキン)変更できない
モバイルサイト限定、が見れない

このあたりはUA擬装だけでなく、iモードなどの網アクセスに対応する必要もあり難しいところかも知れません。
しかし将来的にはこれに対応したアプリケーションの導入などで可能になるかも知れませんね。


待受/着うたがDLできない
これはこれで難しいところ。
着うたはむしろスマートフォンを使うのであればそこから脱却した方が幸せかもよ?と自身の経験から言えますが、待ち受けは確かに心情としては理解できます。


ゲームが使えない
SNSのゲームにどっぷりな人は確かにこれはネックかも。
ただ、今後Flash対応が進むと対応できる可能性も。


ブログが見にくい
これはある意味慣れの問題も。
最近はiPhone用レイアウトを設けてるブログサービスも多いですが、それでもダメなんでしょうかね?
ちなみに私はAndroidでブログを見るときはブラウザのUAをiPhoneに切り替えて、iPhone用レイアウトで読むことがあります。


ケータイ小説読みにくい
個人的に「ケータイ小説」は小説と認めていないのでどうでもいいんですが、確かにこれは「ケータイ」という土壌あってのパッケージであるというのは同感です。
だからこそ書籍化して云々なんてのは(ry


メール打ちにくい(フリックとかしないw)
私もフリック大嫌いです。
一応iPhoneもAndroidも、ケータイ打ちを設定できます(私もかな入力はケータイ打ち)が、やはりソフトキーでは物理キーの操作性に到底及びません。
最近時々、HYBRID W-ZERO3のハードウェア形状でOSがAndroidの端末が欲しいと思うことがあるので、心情としては大いに賛同出来るところです。


辞書登録/定型文登録できない
一応辞書登録はできるんだけど、デフォルトだとわかりにくいんですよね。
そのためiPhoneでは辞書登録支援アプリを使ってました。
この辺はiPhoneのデフォルト辞書のプアさもあるのかなぁと。
このあたりも日本語IMEでいいものが出てくると解決されるのかなぁ。


カメラが使いにくい
写真添付しにくい

確かにこのあたり、日本のケータイってユーザーの声を聞いてよく作り込んでると思うんです。
しかしこれも、今後スマートフォンにはできないという領域ではないと思うわけで、国内メーカーがスマートフォンに本格的に参入すると、日本流を上手く取り込んだUIに仕上げてくれるのではないかと期待してます。
(実際、Xperiaのカメラまわりはちょっと使いやすいよ)


アプリよくわかんない
これは確かに使用者のリテラシーの度合いでハードルの高さが変わって来ちゃう部分だと思うわけで。
これについてはキャリア主導で紹介していくと、流れとしては変わっていくかも知れません。
その意味でドコモマーケットにはちょっと期待してるんですけどね。(逆に言えばSBM&iPhoneにはできんわな)


メールのアカウントいくつも使わない
確かにその通りかも。学生さんはケータイのメアドがあればそれでいいって人が極端に多いですね。
この辺が私が「Android 2.xって特にいらないなぁ」と感じている理由の一つだったりもするのですが。(複数アカウントを読むならアプリを入れればいいじゃないと言ってしまってる)


電波悪い
iPhoneはねぇ……


赤外線がない
確かにわかるんだけど、あんな使いにくいデバイスに縛られるのもどうなのかなと思ってたりします。
ケータイでもBluetooth搭載端末も増えてきたので、そっちに移行してもいいんじゃないのかなと。
最近ケータイ持ちの方と連絡先を交換するときはBluetoothかQRコードでやる事が多いです。


ここで指摘された内容を全部潰したとしても、全てのユーザーがスマートフォンに移行するわけではありません。
しかし、こういった不満をユーザーが感じているというのは事実で、解決することで垣根が低くなるというのは間違いないのではないかと感じます。
しかも指摘されている内容って、幸いにして「根本的に無理」という内容がないですよね。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1763-65c27fd5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。