HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

京セラ、Android端末でスマートフォン市場に復帰!

京セラコミュニケーションズは3月23日、Androidスマートフォン「Kyocera Zio M6000 Android」をCTIA Wireless 2010で発表しました。
第2四半期に米国で発売、国内での販売予定は現時点ではないとのことです。

l_ah_zio.jpg

ZioのOSはAndroid 1.6、3.5インチタッチスクリーン(解像度はWVGA)、動画対応の320万画素カメラ、加速度計、周辺光センサーを搭載。内蔵メモリの容量は512MB。
サイズは116×58.6×12.2ミリ。
無線通信はCDMA2000 1xEV-DO rev. Aのほか、Wi-Fi、Bluetoothをサポート。
Android Marketに対応、フルブラウザ、Google MapsやFacebookなど各種ウィジェット・アプリを搭載、最大32GBのmicroSDカードをサポートします。

京セラは10年ほど前にPalm OS搭載スマートフォンを供給していたことはありますが、その後撤退していました。
今回のZioで久々にスマートフォン市場への復帰となります。


国内メーカーで一番最初にAndroidスマートフォンを発表するのはシャープ、その次が恐らNECだと思っていましたので、ここで京セラが出てくるのはまったくもって意外でした。
この機種もOSバージョンが1.6ですが、海外では未だに1.5でリリースされる端末もあり、国内で大勢をしめる最新バージョンのOSであることを至上としがちな論調には個人的にはやや疑問を持っています。
一つ前のバージョンであっても、チューニングされたものを搭載すると非常に快適に動作するので、無理くり最新バージョンを搭載して動作がもっさりするよりはいいのではないかなと思ったりもするのですが。
Zioが快適に動作するスマートフォンだといいなと思います。

CDMA2000対応のAndroidスマートフォンも今後増えるでしょうし、色々と楽しみになってきました。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1760-d67ff8ff

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。