HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

Android所持にかかる維持費(参考)

Xperiaの発売を控えて、この辺気になる方がいるのかなということで、軽くまとめておきます。
実は私、スマートフォン持ちとしてはかなり安めに維持している方なのかも知れません。


基本料:タイプSSバリュー+ファミ割MAX50適用 → 980円
    iモード付加機能利用料 → 315円
    iモード.net付加機能利用料 → 210円
    ケータイ補償お届けサービス付加機能利用料 → 315円
    mopera U ライトプラン → 315円(現在キャンペーン中で課金されず)
    ユニバーサルサービス料 → 8円
    端末割賦代金 → 1,190円(今月までポイント充当で請求されてない)

    以上の小計 → 3,333円

基本料については、タイプシンプルバリューを使うと780円まで下げることが出来ます。
iモードメールが不要ならもう少し削減できます。
mopera Uについては、公衆無線LANオプションをつけたいのでしたらスタンダードプラン(525円)にしないといけませんが、私は公衆無線LANは使わないしmoperaメールもいらないしということで、ライトプランにしています。
ケータイ補償については、HT-03Aは解除しようかなと思っています。


パケット定額:Biz・ホーダイ ダブル → 390円

4月からパケ・ホーダイ ダブルに一本化されますが、統合後も利用料としてはほとんど変わらないかと。
これまで定額適用外になっていたFOMAパケット使用料が定額適用になるので安くなるかも知れません。
ちなみに、私はHT-03Aでパケット通信は極力行わないことにしています。(どうしても必要なときは使いますが)
複数の端末の通信をウィルコムの「どこでもWi-Fi」に統合しているためです。
パケットを使う場合でも下限料金で収まることが多いですし、どこでもWi-Fiの利用料をこちらに計上するのであればプラス2000円程度とみておけばいいです。
パケットをガンガン利用するのであればあっという間に上限に当たるようなので、定額料は5,985円と見ておいた方がいいでしょう。
タイプシンプルバリューを適用する場合、パケット定額料は0円から維持可能です。

これに現状では通話料(最近はほとんど無料通話分で収まるので払ってない)とFOMAパケット代が加わる形になります。
(FOMAパケット代は毎月かかってるわけではないし、来月からはあまり気にしなくてよくなる)

パケットをガンガン利用するのでしたら、8,000円~9,000円といったところを目安にした方がいいでしょう。
私の場合はパケットはほとんど使わないのが前提になるので、4,000円を下回るよう調整するのが目標です。

Xperiaで契約する回線の場合、iモード.netは使わない方針であるのと、基本料も抑える方向になるので、以下を想定しています。

基本料:タイプシンプルバリュー+ファミ割MAX50適用 → 780円
    iモード付加機能利用料 → 315円
    ケータイ補償お届けサービス付加機能利用料 → 315円
    mopera U ライトプラン → 315円
    ユニバーサルサービス料 → 8円
    端末割賦代金 → 1,533円
    小計 → 3,266円

パケットを使わないのでパケット定額料は0円と想定しています。
また通話料については発信は恐らくしないのと着信は主回線に転送するため、家族間無料で通話料もかからない方向になるでしょう。

まだ料金面に関しては詰めきれてない部分があるので、あくまで参考ということで。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1756-1fa35aa6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。