HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>iPhone/iPad

ソフトバンク、iPhone向け「標準プライスプラン」発表

ソフトバンクモバイルは、iPhoneを新たに購入するユーザー向けのパケット定額サービス「標準プライスプラン」を発表しました。明日、3月6日から提供します。
標準プライスプランは、iPhoneのパケット料金を月額1,029円~4,410円とする2段階の定額プラン。
加入条件は新規契約や買い増しなどで、 iPhoneを新スーパーボーナス価格で購入した際に申し込むことと、「ホワイトプラン(i)」と「S!ベーシックパック(i)」に加入すること。
標準プライスプランに契約してiPhoneを新規・新スーパーボーナス価格(24回払い)で購入すると、iPhone 3GSの実質負担額(通信料から割り引いたもの)は16Gバイトモデルが月々480円、32Gバイトモデルが月々960円となります。
標準プライスプランは2年単位の契約となり、2年ごとの更新月に申し出がない場合は自動更新となります。
また、契約期間中に解約またはホワイトプラン(i)以外の料金プランに変更した場合、9,975円の契約解除料が発生します。
さりげなく「iPhone0円」じゃなくなってますね。

なお、ソフトバンクは2月1日からiPhone向けに「Wi-Fiバリュープラン(i)」も提供しています。
こちらはパケット料金が月額4,410円の固定、月額490円で「ソフトバンクWi-Fiスポット(i)」を利用できるのが特徴です。(2010年12月31日までに加入した場合は無料)
また、新規契約・新スーパーボーナス(24回払い)で購入したiPhone 3GSの実質負担額は、16Gバイトモデルが月々0円、32Gバイトモデルが月々480円となっています。
このほか、パケット料金が月額1,029円~5,985円のプラン「パケット定額フル」も従来通り提供されます。
上限は5,985円でほかの2つのプランよりも高額となりますが、2年単位の契約ではなく契約期間の縛りがないことがメリット。
このため、今後iPhoneを新規契約するユーザーは3種類のプランから選ぶことが出来るようになります。


標準プライスプランはiPhone for Everybodyキャンペーンの施策と同じなわけで、結局延々キャンペーンを延長した挙げ句、本当にレギュラーの料金プランになってしまいました。
Wi-Fiバリュープラン(i)があるにも関わらず、この様なプランを出してくるということは、やはりiPhoneは「安いからこそ売れている」という側面もあるのではないかと思われてなりません。
穿った見方をすると、Wi-Fiバリュープラン(i)を発表してみたものの市場の反応が良くなかったので、やはり安さを印象づけるプランが必要という結論に至ったのかなと。

しかし逆の見方をすると、今の時期にiPhone関連の新しい施策を発表するということは、次期iPhoneを見据えているというのは、先のiPhone 3GS登場時の事を考えても間違いないところでしょう。
そのため次期iPhoneでもこの料金プランが適用できる、もしくはスペックアップしてもそれなりに戦略的な価格でリリースする用意があるということなのかもしれません。

ひょっとすると、そろそろ何らかのアナウンスがあってもおかしくない、SBMのAndroidにも同様の料金プランが適用されるんじゃないかな、今回の発表はその布石なのかなと思ったり思わなかったり。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1747-b472b519

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。