HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Android

【要ダウングレード】HT-03AにカスタムROMを導入する

一部の猛者はHT-03AにカスタムROMを書き込んで、更に快適になったHT-03Aを体験しています。
1.6ベースのカスタムROMだけではなく、現在では2.x系のものもあり、Nexus Oneっぽい機能を体験することも出来るようです。

とりあえず、カスタムROMを導入することでどれだけ快適になるか検証することを目的に、1.6系のカスタムROMをHT-03A(実験機)に導入することにしました。


※ カスタムROMを導入できる環境になっている時点で既にその端末は保証が効かなくなっていますが、
※ 正規のROMではないためどのような不具合があるかわかりません。
※ 場合によっては端末が文鎮化する恐れもあることは覚悟の上で行いましょう。
※ 参照先の記述が理解できないのであれば絶対にやめた方がいいです。




参照したのはダウングレードの時と同じこちらのwiki

http://acc.komugi.net/

基本的にはこちらも解説通りやっていけばいいんですが、ROMの種類によって微妙に作業手順が違ったりするので、こちらでは手順周りはバッサリと端折らせてもらいます。

大まかな手順としては、リカバリーイメージの変更、カスタムROMのダウンロード、リカバリーモードに入って導入ということになるでしょうか。

今回、1.6系としては定番のひとつである「Dwang 1.17.1」を導入してみました。

※写真は一部アプリやウィジェットを導入後のものとなるため、ROM焼き直後とは見た目が違ってます。

devicedw001.png devicedw002.png

この間EMONSTERで行ったEoAとアイコンがそっくりだな。

なおホーム画面は標準が3面であるのに対して、Dwangは5面になっています。

ちょっと使ってみると、動作が非常に軽快です。本当に同じハードで動いているのかとさえ思います。
またroot権限も最初から付与されているため「OverclockWidget」も利用可能。
root権限があれば端末単独でもスクリーンショットを撮影できますね。

なお、このROMは日本語ロケールが入っていないので、先日Acer Liquidを導入した際に実施した方法(こちらを参照)で日本語ロケールの有効化と日本語IMEを導入すれば問題なく日本語を利用可能です。
日本語フォントが気に入らなければ、root権限を取っているのでフォントを入れ替えてもいいでしょう。
(フォント入れ替えはいずれ挑戦します)

ちなみに、1.5のときに実施したSIMロックのアンロックはROMを書き換えても保持されています。
一度アンロックしておけば、かなり使い勝手が広がりますね。


しばらくこのROMで使ってみて、折を見て他のROMも試してみようかと思っています。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1741-5dad83ea

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。