HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ベネッセ、SBMのMVNOで中高生向け携帯電話事業をスタート

ベネッセコーポレーションは、ソフトバンクモバイルのMVNOとして中高生向けに携帯電話サービス「ベネッセモバイル FREO」の提供を開始することを発表しました。

2月9日~5月15日の期間限定で、進研ゼミ会員番号を持つ中高生を対象に販売します。
端末は独自仕様(後述する制限サービスに対応)の「840SH」を供給。月額5,950円、この料金には1050円分の無料通話とパケットし放題、FREO安心設定機能が含まれ、無料通話分を超えた場合には10.5円/30秒が加算されます。
ベネッセモバイル FREOの特徴は、曜日や時間によって機能を制限できるサービスと、フィルタリング強度を6段階で設定できるサービスを提供する点。
機能制限のカスタマイズは、通話発信とSMS、S!メール、Webアクセスの利用を曜日別、時間別で細かく設定できる機能で、保護者がPCや携帯から設定/変更を行えます。
フィルタリング機能は、Webアクセスを不可とするレベル1からアクセス無制限の6まで、フィルタを6段階から選べるようにするサービス。子供の年齢や使い方に応じた柔軟な設定が可能になります。
また、高額請求につながる通話発信やTVコール発信、PCサイトブラウザを利用できないよう設定することも可能。

同社のFREOサイトで申込書の送付を受け付けており、申込書と保護者の本人確認書類のコピーを送付して申し込みます。
他キャリア携帯ユーザーはMNPを利用して契約することもでき、この場合の転入事務手数料と回線名義変更手数料はベネッセが負担するとのことです。

また、友達や家族とのスケジュール共有やコミュニケーションをサポートする無料サイト「cal-fee」(http:://calfee.jp/)を1月28日から提供。
スケジュールは自分の予定を登録できるほか、オープンキャンパスやイベントスケジュールなどの大学関連の情報、音楽、スポーツなどのエンターテインメント情報を取り込めるオープンスケジュールも利用できるとのことです。


先日フェールセーフという話を書いたばかりですが、今回のサービスではそのあたりも考慮されたサービス内容であるように感じられます。
時間帯ごとに利用制限の可否を切り替えられるというのは面白いと思いました。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1718-2f93f684

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。