HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ソフトバンク、利用制限対象端末の確認サイトを間もなく提供

ソフトバンクモバイルは、不正契約や盗難などで不正に取得され、利用制限の対象となっている携帯電話を容易に判別できるWebサイトを1月28日から提供すると発表しました。
このWebサイトでは携帯電話の製造番号を検索でき、端末に利用制限がかかっていないかを調べることができます。
サイトにはPCと携帯電話のどちらからでもアクセスできるとのこと。

インターネットオークションサイトの「Yahoo!オークション」、「楽天オークション」、「モバオク」、「ビッダーズ」、「ムスビー」では、SBM端末を出品する際に製造番号の記載を義務化し、利用制限の有無を事前に調べられるよう協力するとのことです。
なおYahoo!オークションでは不正防止の取り組みとして、ディズニー・モバイルを含むSBM端末の出品について、新品・中古品を問わず発売から12カ月間は出品禁止としていましたが、確認サイトの導入に合わせて2月1日からこの制限を撤廃するとのことです。
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/notice/rule/201021/


ちなみに、NTTドコモではすでに昨年10月1日から同様のWebサイトを提供しています。
実は全然気付いてませんでした(^^;;;
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/090611_00.html
http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

Yahoo!オークション、楽天オークション、モバオク、ビッダーズでは、ドコモ向け端末を出品する場合に製造番号の記載が義務化されており、不正に入手された携帯電話ではないか入札前に確認できるとのことです。
最近ヤフオク利用してないので全然気付いてませんでした(^^;;;;;


これまで所謂“赤ロム”を引くのが嫌でオークションでの入手は二の足を踏んでましたが、これで多少は安心できるでしょうか。
ただし、これら確認サイトは「現時点で」確認されているか否かとなっていますので、ここでパスしたから万全とはいかないんですけどね。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1710-47d8c715

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。