HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

日本通信、IP電話ソフトを同梱した「もしもし Doccica」を発売

日本通信は、050番号を使うIP電話ソフトを同梱した3Gデータ通信端末「もしもしDoccica」を12月10日に発売すると発表しました。
価格はオープンとしていますが、想定実売価格は1万9800円。

もしもし Doccicaは、従来のDoccicaで供給されているUSB端末に加え、IP電話機能が利用できるPC用ソフトウェア「bアクセス」、PC用のマイク付きイヤフォン、8000円分の通話・通信利用権を1パッケージにした商品となります。
専用のIP電話サービスが利用できるのが特徴で、料金はデータ通信サービスと一緒に支払えるとのこと。

IP電話の通話料金は、データ通信と同様に利用権(チャージ)から減算される方式。
残額が減ってきたらクレジットカードを登録して、1000円単位でチャージ可能。
付属ソフトを使ってIP電話をかけた場合の通話料金は国内固定電話/IP電話あてが10円/120秒、携帯電話/PHSあてが10円/40秒。
米国の携帯電話や固定電話にかけた場合の通話料は、10分で150円程度(通話料が10円/120秒、3G 通信が10円/60秒)。
またIP電話は3Gネットワークだけでなく、公衆無線LANや自宅のブロードバンド回線でも利用できます。
この場合は3G通信の利用料がかからず、10円/120秒の通話料のみで通話ができます。
050番号が割り当てられるので、もしもし Doccicaで電話を受けることも可能。その際には3Gの通信料がかかるそうです。

かつて日本通信のイベントでVoIP関連の展示があった際に台湾のCamangi社が関わっていたようですが、今回のシステム開発もひょっとするとCamangiが関わってたのかなと。
Windows Mobileには既に移植済みってあたりからも、同社製品であるCamangi Talkとの整合性を感じますし。
間もなく発売されるWebStationにAndroid版のVoIPアプリを搭載なんてシナリオはあるのかも知れないですね。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1676-27d82650

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。