HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Windows Mobile

カシオ、業務用PDA「カシオペア」にW-CDMAモジュール搭載

カシオ計算機は非接触ICカードに対応し、HSDPA対応のW-CDMA通信モジュールを搭載した業務用PDA「カシオペア DT-5300 M52SWC/M52SGC」など12モデルを12月25日より順次発売すると発表しました。
12モデルの内訳は、NTTドコモ対応のW-CDMAモジュールかソフトバンクモバイル対応のW-CDMAモジュールかで6モデルずつ、スキャナの仕様(C-MOSイメージャ、半導体レーザー、スキャナ非搭載)で2モデルずつ、オートフォーカスつき200万画素カメラの搭載の有無ということで細分化されてます。

dt53.jpg

OSはWindows Mobile 6.5日本語版で、CPUはいずれもMarvell製PXA 624MHzを搭載。
本体メモリはRAM128MB、FROM256MB(ユーザー領域約150MB)。
下り最大7.2MbpsのHSDPAに対応し、音声通話も行えるとのこと。
本体は落下強度1.5m、氷点下での動作など、防塵・防滴機能はIP54準拠となっています。
盗難・紛失対策として、端末内データの自動消去機能なども用意。
ディスプレイは、3.7型、640×480ドット、6万5536色表示のBlanview液晶(透過型カラーTFT)を搭載。WPA2対応の無線LANやBluetooth、赤外線に対応。
大きさは約78×159×32mmで、重さは約335g。


カシオペアのブランド自体は業務用PDAで残っていましたが、これまでのOSはWindows CE5.0やWindows Mobile 2003 Second Edition Software for Pocket PCでした。
今回はWindows Mobile 6.5となり、しかもW-CDMA通信モジュールを搭載。
音声通話も可能とのことで、これは業務用PDAというかスマートフォンと呼んでもいいのでは?

正直、カシオからこういう端末が出るとは思ってませんでした。
せっかくSIMロックのかかったW-CDMAモジュールを搭載するなら、「日本的なスマートフォン」としてキャリアブランドとして投入するのもありなんじゃないかなぁ。
非接触ICの搭載ということで、その気になればおサイフケータイにも対応できるかも。
一部のスペックを落とすことで、コンシューマ向けカシオペア復活といかないもんでしょうか。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1663-c16ecb73

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。