HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

NTTドコモ、2009年冬モデル・2010年春モデル発表(その1)

NTTドコモは、2009年冬モデルと2010年春モデルの計19機種を発表しました。
今回はSTYLEシリーズ10機種、PRIMEシリーズ5機種、SMARTシリーズ2機種、PROシリーズ2機種をラインアップ、2009年11月20日から順次発売。

サービス面ではiコンシェルを強化し、2009年冬モデル以降の一部機種では、ユーザーの現在地に応じて最適な情報をプッシュ配信する「オートGPS」が利用可能になりました。
ダウンロードしたiスケジュールのイベント開催地や、取得したトルカの取扱店舗、iモードサイトで紹介された場所などにユーザーが接近すると、関連情報が自動で配信されるというもの。
さらに、現在地から自宅への経路の終電15分前にアラームで知らせてくれる「終電アラーム」や、観光地限定のマチキャラをダウンロードできる「ご当地マチキャラ」、目的地周辺の駐車場や満空情報を知らせる「お出かけナビ」なども利用できます。
このほか、アドレス帳から作成したグループと、iコンシェルのお預かりデータ(スケジュールや画像など)を共有する機能も実装。

オートGPSに対応したiアプリも登場するとのこと。
好みのスポット情報や終電、天気予報などを知らせる実用コンテンツや、宝探しや鬼ごっこなどのゲームコンテンツ、子どもや老人の見守りに役立つセキュリティサービス、自動日記作成などのコミュニケーションサービスなどが提供される予定。

私はiコンシェルを使える端末を持っていませんが、こういう進化は非常に興味深いです。
自分の位置や状況に即した情報が自動的に落ちてくるサービスはいろいろと利用できそうです。

ユーザーの端末内データをドコモのお預かりセンターにバックアップする「電話帳お預かりサービス」は「ケータイデータお預かりサービス」としてリニューアル。
これまでのアドレス帳、メール、画像、スケジュール、トルカに加え、2009年冬モデル以降の機種(一部を除く)は、ブックマーク、設定情報、動画、メロディ、テキストメモ、ToDo、現在地通知先も預けられるようになりました。
さらに手動更新だけでなく自動更新も可能になり、バックアップできる1枚あたりの画像サイズは、最大100Kバイトから最大10Mバイトに拡張。

これまではシャープ製モデルしか利用できなかった、Blu-ray Discレコーダーの録画番組をケータイへ転送して視聴できる連携機能は対応機種が拡大。
新機種ではF-01B、F-02B、F-03B、F-04B、 P-01B、P-02B、P-03B、N-01B、N-02B、SH-01B、SH-02B、SH-03B、SH-05Bが利用可能。

分かりやすい操作説明への取り組みとして、キーワード入力や機能一覧から目当ての機能を調べられる「使い方ガイド」をSC-01Bを除く18機種に搭載するほか、これらの機種では説明書を薄くし、全ページをカラー化するとのこと。

上りを高速化するHSUPA対応機種も拡大し、N-01BとN-02B、L-01B、SC-01Bは上り最大5.7Mbps、P-01BとP-02B、P-03Bは上り最大2Mbpsの通信が可能。
このほか、メール作成時に電源キーを押した場合にメール未送信BOXに自動保存する機能、受信メール画面から迷惑メール対策の設定なども一部の新機種が対応。
また、Music & Videoチャネルのデータは一部の機種でmicroSDに保存可能になりました。

また、先の決算報告会の際に話題に上っていたフェムトセルについての発表も。
小規模の通信エリアを構築するフェムトセルを用いたサービス「マイエリア」も11月中旬に開始します。
ドコモ網とブロードバンド網(フレッツのみ)に接続したフェムトBTSを宅内に設置することで最大4人が通信可能になり、このフェムトエリアに入ると、自動的にフェムトネットワークに接続。
2010年には公衆エリア、2012年以降には家電連携サービスを提供する予定。


それでは、それぞれ機種ごとに見ていこうと思います。
今回は機種が多いので、この記事ではSTYLEシリーズのみとさせていただきます。


STYLEシリーズ
STYLEシリーズは全シリーズ中最多のラインアップ数となります。

「F-02B」は、ジュエリーデザインを施した女性向けモデル。

l_sa_f02b01.jpg

背面にジュエルブロックを配し、決定キーに宝石のカットを施すなど、端末の各所に宝石をイメージしたデザインを採用。
背面パネルにはボディカラーごとに異なる絵柄が浮かび上がる「ブリリアントイルミ」を装備。
端末の裏面には、好みの香水を吹きかけて好みの香りを持ち歩けるようにする「フレグランスピース」も搭載。

IPX5/7/8に準拠した防水性能とIP5X準拠の防塵性能を備え、キッチンやバスルームなどの水回りで利用できるほか、水深1.5メートルまでの水中撮影も可能。
汚れたときには水で洗い流せます。

カメラ機能は、あらかじめ登録した人の顔に優先的にピントを合わせる「サーチミラーフォーカス」を搭載。
被写体を自動追尾してピントを合わせ続ける「トラッキングフォーカス」や「トリプルブレガード」、「美肌+ひとみ強調モード」など、きれいな写真を撮るための機能も充実。
インカメラを使って顔をチェックできる「ビューティーミラー」も搭載。

歩数計機能は、歩いたときと走ったときの運動強度の違いをもとに、正確な消費カロリー量を測定可能。
インカメラを利用した脈拍チェッカーも装備したほか、タニタの体組成計・血圧計のデータと合わせて管理する機能も搭載。

ボディカラーは4色。ジュエリーブランド「Folli Follie」とのコラボレーション端末Folli Follie Gold(上写真)は、内蔵コンテンツやストラップ、パッケージをFolli Follieの世界観で統一しているとのこと。


LG電子からは一気に3モデル。
「L-01B」は、ポップな4色のボディカラーをそろえた折りたたみ型端末。

l_sa_l01.jpg

好みの色をセンサーで読み込んでイルミネーションカラーに設定できる「カラーリーダー」機能や、その日の気分を選ぶと、それに合わせたライティングの種類や明るさに自動で設定するカラーセラピー機能、タッチ操作に対応するサブディスプレイ「タッチボード」など、ユニークな新機能を実装。

ソフトキーと十字キーの上部には、タッチ操作が可能なサブディスプレイ「タッチボード」を用意。
よく連絡する相手を写真付きで登録したり、直前に撮影した写真や動画を表示させるなど9種の機能をサポート。
電卓や手描き文字の入力にも利用でき、メインディスプレイでメールを閲覧する際には一覧時にカーソルを合わせたメールの本文をサブディスプレイに表示できます。

510万画素のカメラはおもしろフェイス撮影に対応するほか、BGM付きのスライドショーを簡単操作で作成できる「MuveeStudio」も搭載。
作成したスライドショーは、上り最大5.7MbpsのHSUPA網で送信可能。
マルチリンガル機能により、日本語のほか英語、韓国語のメニュー表示が可能。
おサイフケータイに対応し、3G/GSM圏の海外でも利用可能。


「L-02B」は、コスメをイメージしたボディデザインと、美をサポートする内蔵コンテンツが特徴のSTYLEシリーズ端末。
上下左右の操作を指先で触れて行う感圧式のマルチセレクターを搭載するなど、使い勝手にも考慮。

l_yo_l02b_01.jpg

メインディスプレイには約3インチのワイドVGA(480×800ピクセル)TFT液晶を採用。
顔検出AF付き有効約310万CMOSカメラには、おもしろフェイス撮影機能やBGM付きのスライドショー機能も搭載。
内蔵コンテンツには、肌診断テストや、女優で野菜ソムリエの長谷川理恵さんが監修したヘルシーレシピ、ビューティ情報誌「bea's up」とコラボレーションした最新のコスメ・メイク情報や、肌のタイプに合わせたケア情報を収録したほか、肌ケアに欠かせない紫外線情報のリアルタイムチェック機能を用意。


「L-03B」は、コンパクトでシンプルなベーシックモデル。

l_yo_l03b_01.jpg

本機はベーシックモデルながら、ワンセグや国際ローミング(3G&GSM)に対応。
メインディスプレイには約2.8インチのワイドQVGA(240×400ピクセル)TFT液晶を備え、おもしろフェイス撮影機能やBGM付きのスライドショー機能を備えた顔検出AF付き有効約310万画素CMOSカメラを搭載。
また1500種類のデコメ絵文字をプリインしたほか、STYLEシリーズ限定のデコメ絵文字のダウンロードサービスにも対応。
さらに国際ローミング(3G&GSM)と英単語の読み上げも可能な辞書アプリなど、海外利用をサポートする機能も搭載。


「N-01B」は、夏モデルのN-08Aの後継機とでも言うべきモデル。

l_ys_n01b01.jpg

ボディはネイルアートをモチーフにした“フレンチネイルデザイン”を採用。
ボディカラー3色に加え、STNY by Samantha ThavasaとコラボレートしたEternity Pinkを用意。
コラボモデルには独自コンテンツがプリインストールされるほか、オリジナルストラップとオリジナルエアフレッシュナーが付属。
また、自分好みのデザインを選べるオーダーメイドサービス「マイセレクト」に対応し、パネルやイルミネーションモチーフなど、デザインを幅広くカスタマイズできます。

カメラは有効810万画素のCMOSを採用し、暗い場所でのカメラ撮影に威力を発揮するフォトライトも搭載。
笑顔を検出してシャッターを切る「スマイルモード」や、肌を美しく見せる「美肌モード」など、11種類の撮影モードを備え、カメラが自動で撮影モードを選択する自動シーン判別にも対応。
810万画素の撮影サイズでも撮影間隔が約1.5秒と高速な「クイックショット」や、240度のパノラマ撮影、動画をスロー再生できる「スピードムービー」といった機能も搭載。

NECの独自ポインティングデバイス「ニューロポインター」を厚さ13.4ミリのボディに搭載。
キーイルミネーションは新たに「オーロライルミネーション」を採用。メールの“感情お知らせアイコン”と連動して色や発光パターンが変わる機能も搭載。

下り最大7.2Mbps/上り最大5.7MbpsのFOMAハイスピードに対応し、写真や動画を添付したメールも素早く送信可能。
1360種類のデコメ絵文字をプリインストールしたほか、季節に応じたデコメ絵文字を専用携帯サイトから無料でダウンロードすることも可能。
コナミスポーツクラブが監修したアプリ「Enjoy Exercise」を搭載し、歩数や消費カロリーも管理できます。


「N-03B」は、NEC初の防水性能(IPX5/IPX7準拠)を備えた折りたたみモデル。
背面には、N-02Aと比べて5倍の硬度を持ちキズが付きにくいというハードコート塗装を採用。
裏面には柔軟性があり、塗装がはがれにくくキズが付いても目立たない「スクラッチシールド」を採用。

l_yo_n03b_01.jpg

メインディスプレイには、約3.2インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶を搭載。
ケータイを左右に傾けると画面の向きが自動的に変わる縦横切り替え機能も内蔵。
有効約810万画素CMOSカメラは、手ブレと被写体ブレを防ぐダブル補正機能を持ち、最大5人までの顔検出オートフォーカス(AF)や被写体の笑顔を検出してシャッターを切る「スマイルモード」、秒間120コマで撮影した動画(QVGAサイズ)を秒間30コマでスローモーション再生する「スピードムービー」を搭載。

また、内蔵コンテンツも長期間使うことを考慮したものをプリインストール。
待受画面やメニュー画面には、新キャラクターの“neco”や北欧の穏やかなイメージのコンテンツを設定できるほか、コナミスポーツ監修のスポーツアプリ「Enjoy Exercise」や1500種類以上のデコメ絵文字/デコメ文字変換/デコメピクチャ挿入機能を搭載。
さらに、拡大もじやハイパークリアボイス、使いかたナビ、クイック検索などの使いやすさを追求した機能も搭載。


「P-02B」は、スピードセレクターを搭載した夏モデルP-08Aの後継機。
カメラ起動時に利用できるタッチパネルを搭載したほか、スヌーピーのコンテンツをプリインストール。

l_ys_p02b01.jpg

ボディカラーは計4色をラインアップ。特にピンクは、スピードセレクター中央の決定キーにハートのモチーフが浮かび上がるようになっています。
ディスプレイ面はボディ外周をメタルフレームで縁取って高級感を演出。
ボディをスライドさせて端末を開くと、ディスプレイ面に程よい角度が付く「スイングスライド」を採用したほか、ドーム型のダイヤルキーで押しやすさを確保。

有効810万画素のカメラはタッチパネルに対応し、画面にタッチするだけで被写体にピントを合わせられます。
また、シーン自動判別機能「おまかせiA」により、シャッターを押すだけできれいな写真が撮れるほか、被写体が動いてもピントと明るさを合わせ続ける「追っかけフォーカス」も新たに搭載。

歩数計と連動してさまざまなアクションが起こるスヌーピーの待受画面や、好みに合わせて切り替えられるスヌーピーのきせかえツールをプリインストール。
マチキャラやデコメ絵文字などでも、スヌーピーとその仲間たちのコンテンツを用意。
また、1000種類のデコメ絵文字やデコメピクチャを搭載し、季節に応じて更新される素材を専用サイトからダウンロードすることも可能。


「SH-02B」は、ラウンドフォルムのボディに、角度によって表情を変えるクリスタルのようなパネルを採用した折りたたみ端末。

l_sa_2sh01.jpg

背面には15灯のLEDを搭載し、星空のようなイルミパターンを楽しめます。
このイルミネーションは、イルミパターンに対応するきせかえツールをダウンロードすることでカスタマイズが可能。
背面にはサブディスプレイも装備し、メールの本文といった文字に加え、イルミネーションと合ったアニメーションなどを表示可能。

オートフォーカス対応の800万画素カメラを搭載し、チェイスフォーカスやシーン自動認識、笑顔フォーカスシャッター、振り向きシャッターなど多彩な機能に対応。あらかじめ登録した顔に優先的にピントを合わせる「個人検出」機能、データBOXから登録した顔の写真を検索する「個人アルバム」などの新機能も搭載。
43万画素のインカメラを利用した「ハンドミラー」や、“美白”や“小顔”などの効果を加えられる「プリティアレンジカメラ」など自分撮りを楽しむための機能も充実。
ほかにもワンボタンでテキストメールをデコメアニメに変換する機能や、撮影するだけでオリジナルのデコメ絵文字やデコメピクチャを作成できる「ショットデコ」「モーションデコ」を搭載。


「SH-04B」は、デザイナーのワカマツ タダアキ氏が手がけるアクセサリーブランド「Q-pot.」とのコラボレーションによって生まれた限定モデル。
Melty BitterとMelty Strawberryの2色の合計で1万3000台の限定販売となります。
なお、ベースモデルは2009年夏モデルSH-05Aで、IPX5/IPX7等級の防水性能、有効約800万画素のCCDカメラや約3インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)NewモバイルASV液晶といった主な仕様は共通。

l_os_sh04b-01.jpg

最大の特徴は、“甘くとろけるチョコレート”をモチーフにした外観デザイン。
背面にはとろけた板チョコのような立体的なパネルを配しています。
側面や裏面には、チョコレートの包み紙をイメージさせる文字が細かく配されています。

Q-pot.の世界観を表現した、ポップでユニークな「歯」「オバケ」のデザインのコンテンツや、チョコレートやケーキなどのスイーツを模した壁紙なども内蔵。
SH-04B専用の着せ替えツールデータを備えるのはもちろん、デコメ絵文字やバッテリー/電波ぴくと、メロディなども独自のものを用意。
チョコレートとホイップクリームをデザインしたQ-pot.オリジナルのストラップも同梱。パッケージも専用の個装箱になる予定。


「SH-05B」は、女子高生の“こんなケータイがあったらいいのに”という声を形にした端末。
ティーン雑誌の「Seventeen」がプロデュースを担当し、女子高生のさまざまなリクエストを端末に反映させたとのこと。

l_sa_sh05b01.jpg

ボディカラーは3色で、読者アンケートを元にSeventeen誌の専属モデル桐谷美玲、波瑠、有末麻祐子の3人がこだわりのピンクを選択。
デザイン面でもハート柄のスピーカーからキーデザインにいたるまで、ティーン目線のこだわりを盛り込んだとのこと。

機能面ではカメラ機能に注力しており、インカメラを使った自分撮り機能を強化。
インカメラを起動するための専用キーを長押しするとハンドミラー機能が起動し、手軽に顔をチェックできます。
また、「ほっそり」「目ぱっちり」「色白」などのフェイスエフェクトも用意し、インカメラで“盛りまくり”写真を撮影できるようにしています。

520万画素のアウトカメラは、友達の顔を登録すると優先でピントを合わせる「個人検出」機能を搭載。
フォーカスマークにはハートやティアラなど、人によって異なる絵柄を設定可能。
ほかにもデータボックスから、登録した友達が写っている写真だけを検索できる機能も装備。

文字変換については、Seventeen読者への調査からティーンがメールでよく使う言葉を選び出し、ダウンロード辞書として提供。
コンテンツもモデルの手描きひらがな絵文字をプリセットするなど、“Seventeenならでは”のアイテムを多数用意。また、学習に役立つ和英、英和、国語辞書も搭載。


STYLEシリーズはかなり女性向けの端末が多いように感じられます。
そんな中でLGが個性的な端末をリリースしてきたり、従来モデルの正常進化モデルがあったりと、ドコモらしい堅実な戦略を感じます。

ドコモの戦略が奇抜な端末を大量リリースするのではなく、地に足のついたサービスと、それを提供する端末の供給という堅実かつ安定感のあるものであることが伺えるラインアップだと思いました。


それではその他シリーズに続く。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1646-0767bb9d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。