HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ソフトバンク、2009年冬・2010年春モデル発表(2009年冬モデル編)

ソフトバンクモバイルは、2009年冬モデルと2010年春モデル合計22機種を発表しました。

今回の目玉はWi-Fi対応の拡充。
携帯電話に無線LANを標準搭載し、最大 54Mbpsでの高速通信を手軽に利用できるようになります。
このサービスは、11月中旬以降の対応端末の発売日からスタートする「Wi-Fiバリューパック」に契約することで利用可能。
「ケータイWi-Fiチャンネル」という、ケータイWi-Fi対応機専用の大容量コンテンツ配信サービスもスタートするそうです。
ケータイWi-Fiチャンネルは無料のコンテンツのほか、有料コンテンツも用意するとのこと。
Wi-Fi対応機種8機種のうち、ケータイWi-Fiが利用できるのは5機種。
2009年冬モデルでは「AQUOS SHOT 940SH」「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」と「940N」。
今回発表されているスマートフォン2機種はWi-Fi搭載ですが、ケータイWi-Fiには対応しないとのこと。
なお、ケータイWi-Fiは夏モデル発表会で公表された「ケータイ無線LAN」の提供が遅れたことに伴い、名称変更と冬モデルでのサービス提供となった模様です。


それでは、各機種について追っかけていきたいと思います。
今回は機種が多いので、2009年冬モデルと2010年春モデルで記事を分けさせてもらいます。


まずは2009年冬モデル。

夏モデルで1000万画素のカメラを搭載した「AQUOS SHOT 933SH」の後継機種として、1210万画素CCDカメラを搭載したシャープ製の「AQUOS SHOT 940SH」が登場。

l_st_940sh-02.jpg l_st_940sh-03.jpg

QVGAサイズで最大100枚の静止画を連写できる「スピード連写」や、12.1Mサイズの「3枚連写」、明るさを変えて3枚撮影できる「ブラケット連写」、登録した人物の顔を優先的に検出する「個人検出機能」を新たに搭載。
あらかじめ用意された最適なサイズや設定で撮影できる「用途別カメラモード」も採用し、シーンを自動認識する「おまかせオートカメラ」、顔を可愛くアレンジできる「プリティアレンジカメラ」、オークションの出品に適した写真を撮れる「オークションカメラ」、撮影設定を最大10件保存できる「マイカメラ」など、49種類の設定を用意しました。
画像のビュワー機能では、登録した人物や日付、スケジュール期間の写真を自動で整理する「おまかせアルバム」を新たに用意。お気に入りの画像を集めてオリジナルアルバムを作ることもできるとのこと。
カメラ機能はもうコンデジ並になってきましたね。

無線LAN環境で下り最大54Mbpsの高速通信ができる「ケータイWi-Fi」にも対応。
最大100Mバイトの動画を視聴できる「Wi-Fi動画サービス」や、新聞や雑誌を読める「電子メディアビューア」などのコンテンツを利用可能。
ケータイWi-Fi専用のフルブラウザ「ダイレクトブラウザ」も搭載し、PCサイトブラウザよりも大容量のファイルのダウンロードやアップロードが可能になりました。
このほか新感覚の操作方法として、AI(人工知能)を用いた「スピンぐるメニュー」を採用。ダイヤルキー周囲の「ベクターパッド」を指でぐるぐる回すと、日付や曜日、時刻、利用シーンなどからお勧めの機能が次々と表示されるそうです。
iPodライクな操作感をイメージしたらいいのでしょうか?


また、昨冬モデル「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」の後継機として「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」が登場。

l_yo_941sh.jpg

携帯電話では世界初の4インチハーフXGA(480×1024ピクセル)液晶を搭載。「ケータイWi-Fi」に対応。
カメラはシャープの画像処理エンジン「ProPix」を用いた800万画素CCDを搭載。
ズーム倍率に合わせて画像サイズを変える「スマートリサイズズーム」やISO12800相当の高感度撮影、チェイスフォーカス、コンティニュアスAFなどを利用可能。
登録した人物の顔に優先的にピントを合わせる「個人検出機能」や、人物や日付ごとに写真を振り分けて表示する「おまかせアルバム」、用途に合わせた多彩な「カメラモード」も用意。
こちらの機種も「スピンぐるメニュー」を搭載。


NECからは「930N」の後継機として、「940N」が登場。

l_ym_940n.jpg

PCメールをケータイからチェックできるほか、無線LANにも対応し、無線LANアクセスポイントを介してインターネットに接続が出来ます。
PCメール機能では、フリーメールやプロバイダメールのアドレスを最大3つまで設定できるほか、「新着チェック設定」によって一定間隔でメールの新着を自動で確認することも可能。
無線LANに対応したことで自宅や公衆の無線LANアクセスポイントに接続し、Webサイトの利用などが可能。「ケータイWi-Fi」にも対応します。


パナソニックは、ついにスピードセレクター搭載機種をSBMにも投入します。
「940P」は、スピードセレクターを搭載したスライド式のVIERAケータイ。

l_ys_940p01.jpg

ドコモで登場している機種と同様、スライドさせると適度に傾く「スイングスライド」と、回転機構付き十字キー「スピードセレクター」を搭載した、かつての三菱製ドコモ端末ライクな操作感を持った端末です。
有効811万画素のCMOSカメラは、0.84秒で起動するレスポンスの良さが大きな特徴。
タッチパネルによるカメラ操作に対応し、タッチした場所にピントが合うほか、写真を閲覧するアルバム機能でもタッチ操作が可能。
2本の指を使って写真を拡大/縮小するピンチ操作などができます。
撮影状況に応じてシーンモードを自動判別する「おまかせiA」に加え、2人の距離が近づくと自動でシャッターが切れる「ラブシャッター」や、設定人数(1~5人)の顔がそろうとセルフタイマーが作動する「グループシャッター」を搭載。
また、動く被写体にピントと露出を合わせ続ける「追っかけフォーカス」にも対応。

ワンセグは、15フレーム/秒の映像を60フレーム/秒に補間する「モバイルWスピード」を採用し、滑らかな映像を表現。
そのほか、1万:1の高コントラストで立体感のある映像を実現する「モバイルWコントラストAI」や、約1600万色相当の発色を誇るフレームコントロール処理、赤と緑の色再現性を拡大させた「高色再現性液晶」など、VIERAケータイの名にふさわしい高画質機能を搭載。


またパナソニックからは「COLOR LIFE 840P」も登場。
15色のカラーバリエーションが特徴のスタンダードな折りたたみ型端末。ワンセグやおサイフケータイ、GPSなどは搭載せず、必要最小限の機能に絞って搭載されています。

l_ys_840p.jpg

ディスプレイは約2.9インチのフルワイドQVGA(240×427ピクセル)のTFT液晶を採用し、ボディ背面には7色のイルミネーションを備えます。
ダイヤルキーは大きく立体的なデザインを採用し、押しやすさに配慮。
また、パナソニックの独自フォント「PUD」をキーに用いて見やすさを確保しているとのこと。
有効200万画素のオートフォーカス付きカメラを搭載。キーの長押しなどで呼び出せる15のワンタッチ機能など、使い勝手も充実させています。


Samsungからは、OMNIAシリーズの3機種目が登場。
評判がいまいちだった初代OMNIA、それに対して評価が高いOMNIA POPときて、今回は「OMNIA VISION 940SC」の登場です。

l_sa_940sc01.jpg

3.5インチの有機ELディスプレイを搭載。コントラスト比1万対1(10000:1)、視野角180度というスペックを誇り、解像度はワイドVGAに対応。もちろんタッチパネルに対応しています。

裏面にはスタンドが用意されており、引き出すと端末を斜めに立てかけられます。
ワンセグや動画コンテンツの視聴、写真の再生時などに重宝するギミックですね。
スタンドを引き出すと同時に、あらかじめ設定しておいた機能を起動することができ、「スタンドを引き出したらスライドショー開始」「スタンドを引き出したらワンセグ起動」といった使い方が可能。
端末の上端と下端にステレオスピーカーを備え、ディスプレイを横向きにして置いたときに高音質な音が再生出来ます。

カメラは有効約812万画素CMOSで、オートフォーカス付き。
おサイフケータイに対応するほか、S!GPSナビ、ソフトバンクモバイルのモバイルウィジェットも利用できるなど、国内メーカー製端末に引けをとらない機能を搭載。
OMNIA POPは女性をターゲットに据えていた関係でポップなカラーリングとなっており、男性が持つには気が引けるという声も一部にあったようですが、今回のOMNIA VISIONはシックな色合いになっており、男性受けが良さそうな気がします。(個人的にはかなり気になった)


所謂ガラパゴスケータイだけを見た印象としては、思いの外事前の予想をいい意味で裏切られたなと感じています。
今回の冬春発表では、各社旧モデルの焼き直しを投入してラインナップの維持を図ると予想していたのですが、ソフトバンクは旧モデルの後継機は投入していますが「旧モデルそのもの」は投入してないようで。
ただ、夏モデルで発表したいくつかのモデルが実質的に冬モデルとして発売されてるあたり、手放しに喜べる状態ではありません。


データ通信端末は下り最大7.2Mbps、上り最大1.4Mbpsに対応した定額対応のUSBスティック型データ通信端末「C02LC」、下り最大7.2Mbps、上り最大1.4Mbpsに対応したUSBスティック型データ通信端末「C02SW」を投入します。


そしてスマートフォンですが、今回2機種投入。
まずは東芝から「X02T」。TG01がベースとのことなので、ドコモのT-01Aの姉妹機ということになります。
OSはWindows Mobile 6.5 Professional、ボディカラーはマットブラックとなっています。

l_mmi_x02t_01.jpg

スペックはドコモのT-01Aと同様。
違いはソフトウェアに一部ソフトバンクモバイル独自の機能がインストールされる予定であること。東芝製音声端末で人気を博した「くーまん」が搭載される可能性もあるとのこと。


また、Samsungからは初のスマートフォン投入となる「X01SC」が登場します。

l_ym_x01sc.jpg

OMNIA PRO B7320キター!!
OSはWindows Mobile 6.5とのことですが、タッチパネルには対応せずとのことのようで、Standardですね(あれ、6.5でもStandardって言うんだっけ?)
「Windows Marketplace for Mobile」「My Phone」などに対応。
無線LANを標準搭載しており、最大54Mbpsでの高速通信も可能。PC向けサイトのブラウジングにも対応。
モデム利用時にMMSクライアントを削除する機能なども利用できるそうです。


OMNIA PRO B7320がくるとは思っていなかったので、ちょっと嬉しかったり。
惜しむらくはStandardであるということか……
X02Tは、予想通りすぎて逆にガックリ。


ということで2010年春モデル編に続く。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1644-f5ae906a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。