HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ドコモ、拡張iモードブラウザのJavaScriptを利用可能に

NTTドコモは、2009年夏モデル以降14機種のiモードブラウザの一部機能を再度有効化すると発表しました。
夏モデル以降の14機種は拡張iモードブラウザに対応していましたが、ソフトウェアの不具合に伴い5月23日から一部機能(JavaScript)を停止していました。
今回、対応機種のソフトウェアアップデートの準備が整ったことで、10月27日から順次JavaScriptを利用可能にするとのこと。

対象機種は以下の通り。

  STYLEシリーズ
   F-08A、N-08A、P-08A、SH-05A、SH-08A

  PRIMEシリーズ
   F-09A、N-06A、N-07A、P-07A、SH-06A(SH-06A NERVを含む)

  SMARTシリーズ
   N-09A、P-09A

  PROシリーズ
   SH-07A

ドコモは10月27日に、SH-05A、SH-06A、SH-06A NERV向けのソフトウェアアップデートを開始。
そのほかの機種については11月中に提供開始予定。
ドコモでは準備ができ次第、ソフトウェアアップデートのWebサイトで告知するとしています。


時間がかかりましたが、ようやく夏モデルは本来の性能を発揮することになります。
JavaScriptが有効になることで、iモードコンテンツも新しい変化が起こるかも知れません。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1624-6fc18031

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。