HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

KDDI、au 2009年秋冬モデル及び2010年春モデルを発表

KDDIは、auの2009年秋冬モデルと2010年春モデル、計13機種を発表しました。

2009年秋冬モデルとしては、12Mピクセルカメラを搭載したフラグシップモデル「EXILIMケータイ CA003」と「AQUOS SHOT SH003」、映像機能を充実させた「BRAVIA Phone U1」、安価な8Mピクセルカメラ搭載機「EXILIMケータイ CA004」と「SH004」、スリム&コンパクトな「SA001」「T003」「S002」の8機種をラインアップ。
10月下旬から順次発売するとのことです。

2010年春モデルとしては、無線LAN+12.1M CCDカメラ搭載の「AQUOS SHOT SH006」、au初の7色展開+防水対応の「SH005」、エルダー向け端末“URBANO”の第2弾となるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「URBANO BARONE」、シニア層をターゲットにした「簡単ケータイ K004」、ジュニア向けケータイ「mamorino」をラインアップ。
これらは2010年1月以降に発売する予定。

このほか既発表モデル(iidaブランドの2機種、法人向けのE07KやWiMAX機能搭載WINデータ通信端末4機種)の発売もあるため全20機種の投入となります。
スマートフォンの投入は今回もありません。

サービス面では、新たな料金プランとして「EZ WINコース」(月額315円)加入者を対象とした、基本料金が月額780円からとなる「プランE」「プランEシンプル」を導入。
同プランに加入すると、au同士のEメールが無料になる「ガンガンメール」と、月額上限4410円のパケット定額サービスを利用できます。
ソフトバンクのホワイトプランに対抗する形になるのでしょうか?


まずは2009年秋冬モデルから。
ミドル~ローエンドの機種は旧モデルのマイナーチェンジ、焼き直しの機種もあり、

「EXILIMケータイ CA003」は、12.2メガのカメラを搭載し、画質の劣化を抑えた「超解像デジタルズーム」に対応したカシオ計算機製の折りたたみ型CDMA 1X WIN端末。

ca003_03.jpg

約1217万画素のCMOSカメラに加えて、3倍の「超解像デジタルズーム」に対応。
加えて秒間20コマの連写機能も搭載、動く合成写真を作成できる「ダイナミックフォト」機能も搭載されています。
ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothを搭載し、最大16GBのmicroSDHCカードが利用可能。
対応サービスでは、グローバルパスポート CDMA、海外地図ビューアー、モバイル辞典、カメラ翻訳機能、テレビ出力機能などをサポート。
ディスプレイは約3.3インチ、VisualフルワイドVGAの有機EL。
大きさは約110×50×17.4mmで、重さは約135g。
ボディカラーはターコイズグリーン、マゼンタピンク、シャンパンゴールド、ダークパープルの4色。

個人的にはこれまでEXILIMケータイに設定されていたレッド系のカラーリングがなくなってしまったのがちょっと残念。


「AQUOS SHOT SH003」は、12.1メガのカメラを搭載し、タッチパネルによる操作にも対応したシャープ製の折りたたみ型CDMA 1X WIN端末。

sh003_01.jpg

約1210万画素のCCDカメラを搭載。画像処理のNew ProPixエンジンを搭載し、光量の少ない室内でも高画質に撮影が可能。
タッチパネルを操作してフォーカスポイントを指定することもできる他、動く被写体をフォーカスが追従する「コンテニュアスAF」もサポートされます。
2軸ヒンジを採用したタッチパネルは、ほぼすべての操作が行えるようユーザーインターフェースが改良され、文字入力やEZwebサイトのスクロール操作も行えます。
多彩な色のLEDイルミネーションが搭載され、歩数計やFMトランスミッター、HDDレコーダー連携機能が利用できます。
ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetooth、テキストリーダーを搭載し、最大16GBのmicroSDHCカードが利用可能。
対応サービスでは、デコレーション絵文字3000件プリセット、グローバルパスポート CDMA、スマートリンク辞書をサポート。
ディスプレイは約3.4インチ、フルワイドVGAのNew モバイルASV液晶。
大きさは約112×51×16.6mmで、重さは約132g。
ボディカラーはシルキーホワイト、マットブラウン、フロスティピンクの3色。


「BRAVIA Phone U1」は、AV機器と連携し高画質な動画を手軽に利用できるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の折りたたみ型CDMA 1X WIN端末。

u1_01.jpg

動画再生と防水性能の組み合わせが特徴の端末。
ソニー製Blu-rayレコーダーの機能「おでかけ転送」をサポートし、録画した高画質な動画をケーブルで携帯に転送、持ち運ぶことが可能。
モバイルBRAVIAエンジンを搭載し高画質な再生が可能なほか、動画コンテンツを一覧表示できるビデオビューアーも新たに用意されています。
ボディは2軸ヒンジを採用し、卓上で動画が見やすい充電台がパッケージ付属。
防水性能との組み合わせとして、浴室での利用を想定した汎用型携帯スタンドも別売りで用意されています。
液晶背面にはBRAVIAロゴが配され、ハーフミラー仕上げのパネルの奥にサブ液晶を備えています。
カメラ機能として約514万画素のCMOSカメラを搭載し、顔検出や笑顔検出に対応。
スライドショーや「BRAVIAポストカード」をサポート。
ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothを搭載し、最大16GBのmicroSDHCカードが利用可能。
対応サービスでは、デコレーション絵文字3000件プリセット、グローバルパスポート CDMAをサポート。
ディスプレイは約3インチ、フルワイドVGAのTFT液晶。
大きさは約111×50×16.7mm。重さは約130g。
ボディカラーはレッド、サファイアブラック、ゴールドの3色。


「EXILIMケータイ CA004」と「SH004」はそれぞれ旧モデルのマイナーチェンジモデル。
CA004は2008年11月に発売された「W63CA」の外装に変更を加えたモデルで、性能的にはW63CAと同等。
SH004は2009年2月に発売された「SH001」の外装に変更を施し、女性向けのデザインが施されたモデルで、性能的にはSH001と同等。

ca004_03.jpg sh004_03.jpg



「SA001」は、最薄部11.9mmを実現したワンセグ対応のスライド型端末。

sa001b01.jpg

「SA」ブランドで開発された、京セラ製のスライド型CDMA 1X WIN端末。
薄型のボディは液晶表面に強化ガラスを採用し、傷が付きにくくなっている他、指紋など油汚れがふき取りやすい防汚コーティングも施されています。
液晶側ボディ下部のボタン部周辺は盛り上がった形状で、指先でスライド操作が行いやすくなっています。
方向キーは新たに「ジョグコントロールキー」を採用。キーを上下左右にスライドさせることで操作を行います。
本体をスライドさせる度に待受画面が変わる仕組みや、スライド操作と連携した着信、終話、メールの返信といった動作が行えます。
ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothを搭載し、最大16GBのmicroSDHCカードが利用可能。
グローバルパスポート CDMA、アドレス帳時短検索、ゆっくり通話、はっきり通話、長持ちモードなどをサポート。
ディスプレイは約3.1インチのフルワイドVGA液晶。
カメラは約321万画素のCMOSカメラ。
大きさは約113×52×11.9mmで、重さは約119g。ボディカラーはイノセントブルー、ボヘミアンピンク、サイレンスブラック、ピースホワイト。


「T003」は、最薄部11.6mmを実現した防水対応の折りたたみ型端末。

t003_01.jpg

IPX5/7相当の防水性能、折りたたみ型で最薄部11.6mmという薄型ボディが特徴の東芝製のCDMA 1X WIN端末。
シンプルなデザインの外装にはステンレスが採用されており、4層の塗装で質感が高められています。
凹凸を確保し押しやすさに配慮したテンキーを採用。
ディスプレイにはのぞき見防止機能を搭載。
ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothを搭載し、最大16GBのmicroSDHCカードが利用可能。
グローバルパスポートCDMA、ダウンロードフォント、絵文字お好みパレット、PCドキュメントビューア、ダウンロード対応の電子辞書などをサポート。
ディスプレイは約3.0インチのフルワイドVGA液晶。
カメラは約322万画素のCMOSカメラ。
大きさは約115×50×11.6mmで、重さは約118g。ボディカラーはシトラスグリーン、ルミナスレッド、グラファイトブラック。


「S002」は、コンパクトなボディでGSMをサポートした折りたたみ型の端末。

s002p01.jpg

コンパクトなボディが実現されたソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のCDMA 1X WIN端末。
2008年11月に発売された「W64S」をベースに開発され、GSMをサポート。グローバルパスポート GSMが利用可能。
端末プラットフォームはW64S同様に「KCP」を採用。
ディスプレイはスピーカー部に対して奥に配置される構造で、通話中にほおが触れにくくなっているとのこと。
GSMに対応したことで海外系コンテンツも充実し、翻訳アプリやグローバル電卓、海外便利ツールなどをプリセット。英語予測入力にも対応した日本語入力システムを搭載。
カメラは約319万画素のCMOSカメラで、AFをサポート。
絵文字は1600種類が用意され、デコレーションピクチャが100種類、テンプレートも100種類搭載。また、ミッフィーのコンテンツもプリセット。
ワンセグ、おサイフケータイ、約2GBまでのmicroSDカードに対応。Bluetoothは非対応。
ディスプレイは約2.7インチ、フルワイドQVGAのTFT液晶。
大きさは約99×47×18.7mmで、重さは約113g。
ボディカラーはプレシャスピンク、パールホワイト、ディープネイビー。


続いては2010年春モデル。

「AQUOS SHOT SH006」は、12.1メガのカメラを搭載しWi-FI機能をサポートしたシャープ製の折りたたみ型CDMA 1X WIN端末。

sh006_03.jpg

カメラ機能として約1210万画素のCCDカメラを搭載し、タッチパネルに対応するなど秋冬モデルのSH003をベースにしながら、無線LANもサポートした端末。
無線LANではAOSSなど家庭内の無線LANアクセスポイントとの接続に便利な機能をサポートするほか、公衆無線LANサービスへのログインにも対応。
無線LAN以外のスペックはSH003と同様です。
サブディスプレイは約1.4インチ。
大きさは約112×51×16.8mm(暫定)。
ボディカラーはフラッシュグリーン、クールホワイト、ブリスクブルーの3色。


「SH005」は、防水対応の薄型ボディに7種類のカラーバリエーションをそろえた折りたたみ型の端末。

sh005_01.jpg

IPX5/7相当の防水性能を実現した、スリムな折りたたみ型のシャープ製CDMA 1X WIN端末。
カラーバリエーションはカジュアルな色の組み合わせを中心に7種類が用意。
カメラは約520万画素のCMOSカメラで、顔認識AFをサポート。撮影時の天地を記録した写真撮影も行えます。
また歩数計やゴルフに便利なGPS対応アプリを搭載。
絵文字の自動付加機能や絵文字作成機能、HDDレコーダー連携機能も搭載。
ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothを搭載し、microSDHCカードに対応。
グローバルパスポート CDMA、スマートリンク辞書、名刺リーダーなどをサポート。
ディスプレイは約3.0インチ、フルワイドVGAのNew モバイルASV液晶。
大きさは約108×49×13.9mm(暫定)。
ボディーカラーは、モーニングホワイト、サクラピンク、ベリーレッド、ハニーイエロー、フィールドグリーン、チョコミントブルー、ナイトブラックの7色。


「URBANO BARONE」は、40~50代の男性に向け使いやすさと質感を両立させた折りたたみ型の端末。

urbano_01.jpg

使いやすさやモノへのこだわりを重視する40~50代の男性をターゲットにした「URBANO」シリーズの第2弾。
今回はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製。
ボディデザインは、傾斜やラウンドフォルムを組み合わせ、持ちやすさやスーツ姿へのフィットを考慮。
文字入力が行いやすい大型のテンキーを搭載しているほか、使いやすさとスタイリッシュさを追求したユーザーインターフェースを搭載。
歩数計や体組成計連携機能を搭載し、ソニー製のBlu-rayレコーダーの「おでかけ転送」や「<ブラビア>ポストカード」にも対応。
カメラは約514万画素のCMOSカメラで、AFや手ぶれ補正をサポート。
最大16GBまでのmicroSDHCカードが利用可能。
ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetooth、グローバルパスポート CDMAをサポートし、「カンタン絵文字選択」機能のほか、デコレーションピクチャを100種類搭載。
ディスプレイは約3.0インチのフルワイドVGA液晶。
大きさは約108×50×16.3mm。重さは約130g。(いずれも暫定)
ボディカラーはプレミアムブラック、ラグジュアリーオリーブ、グレイスフルピンク。


「簡単ケータイ K004」は操作のしやすさや見やすさにこだわった「簡単ケータイ」シリーズの最新モデル。

k004.jpg

電源専用スイッチなど前モデル「簡単ケータイ K003」の特徴を引き継ぎつつ、発話・終話ボタンを色で明確に分けるなど、ユーザーの声を反映した改善が施されています。
3種類のワンタッチボタンなど使いやすさに配慮した機能に加え、約197万画素、AF対応のCMOSカメラを搭載。
最大16GBまでのmicroSDHCカードに対応し、背面には大型のモノクロ液晶(約1.4インチ)を装備。
ディスプレイは約2.8インチのワイドQVGA、TFT液晶。
大きさは約106×50×18.9mmで、重さは約122g(いずれも暫定)。
ボディカラーはシルバー、ブラック、レッド、ピンクの4色。


「mamorino」は、防犯機能を中心とした児童向けの端末。

mamorino.jpg

セコムとの協業により、防犯・緊急対応サービス「ココセコム」がサポートされた京セラ製の端末。
携帯電話としての機能は、指定した相手との通話・メールが中心で、EZwebサイトの閲覧も不可。
防犯ブザーを起動すると自動的にセコムの緊急対応員がかけつけるサービス(有料)に対応しており、GPS情報の自動通知も行います。また、防水性能も搭載。
ディスプレイは約2.0インチのQVGA液晶。
大きさは約86×46×18mm(暫定)で、重さは検討中。
ボディカラーはきいろ、あお。



ざっと各機種のスペックを見てみた印象では、今回秋冬モデルと来春モデルを合わせて発表したのは正解だったなというものです。
秋冬モデルにはまずは冬商戦に間に合わせることが必要であり、本番までの助走というイメージがあり、本格的に打って出るのは春モデル発売後なのかなと。
無線LAN搭載モデルが投入されるということもあり、期待できるモデルもあります。
ただ今年度のAndroid端末の投入はもうないのかなとちょっと残念に思うところはありますし、従来路線の継承という感じのラインアップには若干物足りなさを感じる面があるのも事実。
今回のモデルにユーザーがどのような評価を下すかは興味深いところですが、とりあえず私は来夏モデルに期待を馳せようかと思います。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1615-7ee79a29

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。