HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

私がおサイフケータイを好きになれない理由

非接触型ICを携帯電話に搭載し、電子マネー決済や会員証などの提示、あるいは公共交通機関の定期券の運用などを行う「おサイフケータイ」が一般的になってきました。
近頃、家電量販店がポイントカードをおサイフケータイに移行するとポイントプレゼントという、おサイフケータイへの積極的移行を模索しているようにも感じられます。

しかし私はおサイフケータイがどうしても好きになれないのです。
確かに携帯電話に電子マネーの決済機能が搭載されるのは非常に便利です。
ですが、現状ではおサイフケータイを積極的に使おうという気持ちにはなれません。

なぜそのように感じるのか、今回はそのあたりを掘り下げてみることにしました。



おサイフケータイが便利なのはわかってる
おサイフケータイが大変便利だということは私も重々承知しています。
以前はドコモの端末にモバイルEdyを登録し、頻繁に利用していましたから。

電子マネーの決済の他、ヨドバシカメラやビックカメラなど家電量販店のポイントカードや会員証など。
私は利用していませんでしたが、クレジットカード系の決済サービスや公共交通機関の定期券や飛行機や新幹線の搭乗手続きの簡略化など、利用の幅もどんどん広がっています。
携帯電話が1つあれば財布の中に夥しい数の会員証やポイントカードを入れる必要がなくなるわけで、「おサイフケータイ」というネーミングはまさしく的を射たものだと改めて実感します。

また、近頃ではサービスクーポンの配布サービスなど、おサイフケータイを持っていなければ受けることが出来ないサービスなども出て来始めています。


ではなぜ使わないのか?
端的に言ってしまえば、めんどくさいからです。
前述の便利という言葉とは完全に矛盾しているようですが、データ移行を考慮しているのか怪しい現在のシステムではそう感じざるを得ません。
現在のおサイフケータイのシステムでは、携帯電話と登録が1対1で縛られてしまうことで、機種変更時のデータ移行がめんどくさいわけで、私のような携帯電話フリークにはそれはそれで面倒なわけです。

おサイフケータイ端末の機種変更を行う際、ICの中に入っているデータの移行にはいくつかの方法があります。

 1.サーバにデータをアップして機種変後に新端末で受け取る
 2.サービスサポート窓口に電話する
 3.お店に行って手続きをし直す
 4.新端末で直接データを引き継ぐ。旧端末からは情報を削除
 5.携帯キャリアのショップでデータ引継の手続きをする

1はモバイルSuicaやEdyなど。2はクレジットカード系の決済サービス。
3はヨドバシやビックのポイントカード、4はマツキヨのポイントカードやゲオの会員証。
5についてはドコモやauでは有料でデータ移行サービスをやっています。

つまり、ふと思い立って携帯電話の機種変更をしようにも、おサイフケータイの利用が多ければ多いほど、そのデータの移行がひどく面倒なことになるわけです。

また、おサイフケータイは携帯電話の電源が入っていなければ使うことが出来ません。
バッテリーが切れてしまうと、おサイフケータイに入っているお金も会員証も取り出せないという状況になってしまうわけです。
おまけに、おサイフケータイは端末にSIMカードが入っていない場合動作しない仕組みになっています。

こういう不便がいくつもあると、電子マネーや会員証は従来通りのカードで運用してもいいかなと思ってしまうわけです。


余談:DCMXは使いたくても使えない!!
ドコモはDCMXという決済サービスを提供しています。
クレジットカードと連携したサービスで、チャージレス・サインレスで決済が行えるというサービスですが、ドコモポイントとの連携というメリットもあります。

非常に有益なサービスだと思いますが、これは一つ条件が。
前述の通りクレジットカードとの連携サービスになるため、携帯電話の料金を別のクレジットカードで引き落としている場合、利用できないのです。
利用したければ銀行引き落としに切り替える(DCMX miniの場合)か、DCMXのカードに決済を切り替えるかのどちらかが必要になります。

せっかくのサービスを引き落としの方法のせいで利用できないのは残念でなりません。


本項は事実誤認があるようなので一度撤回します。
利用料金の引き落としをDCMX以外のカード決済にしていると利用できないのはDCMX miniのみのようです。
DCMXを利用するにあたって引き落としをDCMX払いにする必要はないとのことで、訂正させていただきます。
(ついこないだDCMXの説明受けたときはそんなこと言ってなかったんだが、店員さんの勘違いだったのだろうか?)


こういう仕組みなら使いやすいのに……
現在のおサイフケータイは情報の可搬性が低いため、使いにくいのではないかと思います。
ならば、FeliCaチップそのものに可搬性を持たせてしまえばいいんじゃないの?と思うわけで。

携帯電話に搭載するのは給電機構と通信用のアンテナだけにして、チップ部分(認証機構とデータ保存領域)は携帯電話本体から取り外せるようにすればいいのではないでしょうか。
機種変更の際はチップだけ移し替えるようにすれば主要なデータは移行できるという風にすれば、今よりおサイフケータイのハードルは下がるように思うのですが。(アプリは個別にダウンロードするのはしょうがないかも知れないが)




おサイフケータイそのものには非常に可能性を感じているんですけどね。
以前はチャージできる場所や使える場所が少ないからというのもあまり好きになれない理由でしたが、そのあたりはここ数年で急速に改善されてきているので、データ移行の不便さが最大のネックになってしまっています。
これはどうにかならないものなんでしょうか……

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1607-470fbe2f

コメント

私の使っている SBM 830SH は SIM を抜いても、電源を切っても Felica 使えましたよ。
>余談:DCMXは使いたくても使えない!!

DCMXに加入しても携帯をDCMX払いにする必要はないですよ
iDを利用するためだけにDCMXへ加入することもできますよ
名無し>
名無しはやめていただきたいんだがなぁ……

最近の機種は仕組みが変わってるんでしょうか。
うちにある機種はすべて電源オフおよびSIMカードを抜いた状態では動作しなかったのですが。


姫さん>
記事訂正させて貰いました。
先日ドコモショップで説明を受けた際はDCMX払いにしなければならないという主旨の発言がありましたが、店員さんの勘違いがあったのかも知れません。
はじめまして。
中国あたりでは、SIMにおサイフ機能を持たせる方向で進んでいるようですよ。
アキミツ さん>
その辺は存じ上げてます。
ただこの方法も善し悪しで、SIMに情報を集約しすぎるのもどうなのかってところはありますよね。
データ可搬性の確保とセキュリティの確保は相反する問題なので、どこで上手く折り合いを付けるかという問題はどうしてもつきまとうと思います。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。