HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

iida、最新モデル発表

KDDIの「iida」ブランドから新製品2機種とコンセプトモデルが発表されています。

5つの層を積み重ねるという独特のデザインが目を引く「PLY(プライ)」は、KDDIが2008年7月に発表したau design projectのコンセプトモデル「PLY -ケータイの層-」の製品版。
PLYは“積層”を意味します。発売は9月中旬以降の予定。

l_ym_ply002.jpg

デザインはプロダクトデザイナー/アートディレクターの神原秀夫氏が担当。
brown、 pink、blackのボディカラーごとに5つの薄い層を採用し、各層で異なる着色を施したのがデザインの大きな特徴。
各層の側面は、書類フォルダや手帳のインデックスを連想させるタブ形状になっており、「タブキー」としてキーロックやカメラの起動、マナーモード設定などができとのこと

GUIにもこだわり、「層」をモチーフにしたメニュー画面や待受画面、フォント、サウンドを内蔵。
ワンセグの外付けアンテナとしても使用する、イヤフォン変換アダプタ用の収納ケースを同梱しており、ストラップとしても利用できるそうです。
卓上ホルダは別売ですが、神原氏がデザインしたPLY専用の卓上ホルダも販売されるとのこと。

開発メーカーは東芝。
形状はスライド、プラットフォームはKCP+を採用。
ワンセグやおサイフケータイ、オートフォーカス対応の319万画素CMOSカメラ、グローバルパスポートCDMA、EZブック、EZニュースEXなどを利用可能。Bluetoothは非対応。


折りたたみ型端末「PRISMOID(プリズモイド)」の発売は12月上旬を予定。

l_os_iida2-02.jpg

PRISMOIDは、プロダクトデザイナーの深澤直人氏が「未来的な未来」をテーマに、“昔の人が思い描いたであろう未来”のイメージをデザインに込めたモデル。
モデル名のPRISMOIDは角錐台を意味し、その名のとおり四角錐台を2つ重ねたようなフォルムを採用しています。
シンプルな機能と高いデザイン性を備えることが特徴。

ボディは全周に面取りを施すことで握りやすさや新しさに加え、懐かしさも感じさせるデザインにとしているとのこと。
また面取りの寸法を表す「C4.8」という数値を、デザインのアクセントとしてボディ背面にあしらっっています。
サブディスプレイはボディ側面に搭載しており、有機ELディスプレイで日時や電波状態、電話やメールの着信、EZニュースフラッシュなどを電光掲示板のように右から左へ表示します。

メインディスプレイには約2.7インチの液晶ディスプレイを採用、有効197万画素のオートフォーカス付きCMOSカメラを搭載。
カラーはGREEN、MAT BROWN、WHITEの3色を展開。


コンセプトモデルについては割愛。


実際に見てみないと何とも言えないところはありますが、G9の時のような興味が全く湧かないというのが正直なところです。
iidaのスタート当初に懸念していた「デザインコンシャスという考え方が悪い方向に向きはしないか」というのが現実になっているかのようで、ちょっとなと。
面取り寸法なんかをでかでかと書かれても、一般のユーザーとしては「だから何?」ではないんでしょうか。

やっぱりiidaはau design projectとは全然違う方向に向いてしまっているように感じます。しかも悪い方に。
デザイナーのオナニーで終わってしまうことだけは何としても回避していただきたいもんです。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1599-fc7d5eb2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。