HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

キャリア間でSMSが送受信可能になるよう検討中

以前も検討している旨報道されてましたが、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルの5社は、3G携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続の実現に向けた検討について、基本合意をしたと発表しました。
今後も検討を進め、詳細については別途発表するとしています。

ショートメッセージサービスは、電話番号あてに短いテキストをやり取りするサービス。
ドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル向けには「SMS」(全角最大70文字)、au向けには「Cメール」(全角最大50文字)として提供されており、現在は同一事業者間でしか送受信できません。
事業者間接続が実現すれば、電話番号のみで他社ユーザーとメールをやり取りできるようになります。


海外ではメッセージのやりとりはSMSで行うのが一般的ですし、規格が統一されているためキャリアが違ってもメッセージをやりとりすることが可能です。
ようやく日本も世界の標準に近づこうとしているということで、喜ばしいことだと思います。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1594-6308c6dc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。