HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ドコモ、FOMAモジュール内蔵パソコンにもバリュープラン適用

NTTドコモは、FOMA HIGH-SPEED対応の通信モジュールを内蔵したノートパソコンにおいて、9月1日からバリュープランを適用すると発表しました。

ドコモでは、ドコモのFOMA通信モジュールを内蔵した指定のノートパソコン「HIGH-SPEED対応PC」に対して、9月1日よりバリュープランを適用します。
「HIGH-SPEED対応PC」の購入時に、FOMA回線の新規契約かmovaからFOMAへ機種変更するユーザーが対象となります。
今回の施策は、ドコモが顧客満足度の向上に向けた取り組みとして4月28日に発表した「定額データプラン」関連の施策を、通信モジュール内蔵パソコンにも適用する内容となっています。
外付けのデータ通信端末には7月1日より提供中。

定額データプランの対象となるのは、対応アクセスポイントへ国内から接続したFOMAパケット通信に限られます。
メール送受信やテキスト・静止画のWeb閲覧といった利用を想定したもので、動画は利用できない場合があるとしています。(やっぱり帯域制限してるのか?)

通信料金は、「定額データプランスタンダード」(2735円~1万500円)にバリュープランを適用すると、1カ月あたり2000円~9765円となります。
さらに、2年間の継続利用を条件とした割引オプション「定額データプラン スタンダード割」を付けた場合、1000円~5985円となります。
プロバイダ料金などは別途必要。

ドコモではバリュープランに対応するノートパソコンとして、EeePC 1003HAG、
VAIO type Zおよびtype T、Let'snoteやTOUGHBOOKシリーズのワイヤレスWANモデル、FMV-BIBLO LOOXの「R/D70N」「U/C30N」を挙げています。


バリュープランが適用されることで、これまでやや割高感があった定額料金の負担が少し軽くなりますね。
イー・モバイルよりは若干割高ですが、カバーエリアの差を考えたらまぁ納得できないではありません。
あとはワイヤレスWAN搭載モデルがもう少し増えたらいいのでしょうが。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1586-5209a383

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。