HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

KDDIのMVNOで「ECナビケータイ」が8月3日開始

ECナビは、8月3日からKDDIのMVNOとして独自の携帯電話サービス「ECナビケータイ」を提供すると発表しました。

端末は、auの「SH001」「SH002」「K002」をベースに独自のアプリケーションを搭載した「ECN-SH001」「ECN-SH002」「ECN-K002」を使用。
月額利用料に対して、2999円未満の場合は100円につき30ポイント、3000円以上の場合は100円に付き60ポイント分、価格比較サイト「ECナビ」と共通のポイントを付与するという特典を提供します。
携帯電話購入時も、購入金額に応じて4万から5万ポイント(4000円~5000円相当)がもらえたりと、ポイントシステムと連携した独自のメリットを提供するとのこと。

KDDIは、このECナビケータイの支援策として、MVNO支援事業者(MVNE)のインフォニックスに対し、請求システムの連携や端末調達サポートを行うとのことです。
請求システムをオンラインで接続し、日次や月次の請求データを提供。
また端末調達をサポートするほか、アフターサービスの一部を業務受託で請け負うそうです。


ベースモデルを夏モデルとし、ソーラーケータイを加えたあたりは注目です。
ECナビは確か会員登録をしていたと記憶してますが、結局放置して貯めていたポイントがなくなってしまったはず。
いまいちECナビが携帯電話事業に参入するメリットがいまいちよくわからないところですが、ECナビの関連サイト(動画ポータルサイト「doremitta」やお買物代行サービス「ECナビコンシェルジュ」など)との連携が図られていくという理解でいいのでしょうか。
そういえば、ECナビってサイバーエージェントの傘下なんですね。

販売がECナビケータイのサイトのみ、オンライン販売なのでクレジット決済のみというのも本気で普及させるのであれば疑問を憶えるところです。
せめてauショップで取り次ぎができるようにはならないものでしょうか。

サイトを見ていると「ECナビポイントを獲得いただく為に、ECナビケータイアプリを設定頂き、毎日アクセスしていただくことが必要となります。アクセスされない場合、ECナビポイントが付与されない場合がありますのでご了承下さい。」という記述を見つけました。
おそらくアプリが自動的に通信をするのでしょうが、強制的にパケットを消費される仕組みだと思われ、何となく釈然としない仕組みです。

不測の事態の対応に難がありそうなので、あまり魅力は感じないと言うのが本音です。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1572-14b6a857

コメント

http://ecnavi.selectmobile.jp/about/apri.html
「※発生パケット相当数を無料パケットとして、ご利用パケット数より減算いたします。パケット通信ご利用時の通信状況が悪い場合などは、発生する通信パケット数と異なる場合がございます。 」
とあるので一応むりょうとしてくれるみたいです。
いやこれは
この注意書きはその上にある

「ECナビケータイアプリは、専用サイトからいつでも再ダウンロードして頂けます。再ダウンロードのパケット通信料は、実質無料(※)です。」

にかかっている注釈だと思われます。
つまり、アプリのダウンロードにかかるパケット代は無料ですとは言っていますが、アプリを1日1回起動しなければいけないとのことで、そのパケ代については特に触れられていないと思います。

てか、1日1回起動義務づけというのが既にナンセンスだと感じますが。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。