HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ドコモ、デジタルフォトフレームに写真を表示する「お便りフォトサービス」開始

NTTドコモは、携帯電話やパソコンから写真付きメールを送って、離れた場所のデジタルフォトフレームに写真を表示できる新サービス「お便りフォトサービス」を7月1日より提供すると発表しました。
対応機種のデジタルフォトフレーム「フォトパネル 01」は1000台限定で、料金プランやデジタルフォトフレームの概要も発表されています。

お便りフォトサービスは、ケータイやPCから送信した写真を専用のフォトフレームに表示するサービス。
離れた家族などに手軽に写真を見せられるツールとして活用するという利用シーンを想定しているようです。
送信できる写真のサイズは最大5Mバイト。
「写真は専用のサーバを介して送信され、フォトフレームでは200Kバイトほどに圧縮された状態で受信する」(ドコモ広報部)とのこと。
フォトフレームには「xxx@otayori-docomo.com」という専用のメールアドレスが割り当てられ、ドコモケータイはもちろん、他社ケータイやPCからも写真を送信できるそうです。
フォトフレームあてには写真のほかに、メッセージの送信も可能とのことで、メッセージは件名が全角13文字、本文が全角1080文字まで送信できるそうです。

お便りフォトサービスの設定は、デジタルフォトフレームを購入した「管理者」が行います。
フォトフレーム宛には管理者のみが写真を送信できるとのことですが、管理者が「招待」すれば、ほかのユーザーもフォトフレームあてに写真を送信できるようになるそうです。
招待できる人数は最大23人。
管理者は、iモードとPC向けの「お便りフォトサイト」から、送信した写真の管理やスライドショーの設定などができるとのこと。
毎月のパケット数が一定量に達した場合に、お便りフォトサイト上でお便りフォトパネルの通信を停止することも可能。
お便りフォトサイトで管理者が利用できる設定は以下のとおり。

1. お便りフォトパネルの新規登録/削除
2. お便りフォトパネルへの写真の追加(送信)/削除
3. お便りフォトパネルに表示されている写真の閲覧/回転/追加・削除
4. お便りフォトパネルの参加者の招待/削除
5. お便りフォトパネルの設定変更(スライドショー設定/ディスプレイの点灯・消灯・明るさ設定)
6. 利用状況の確認と通信停止機能の解除

お便りフォトサービスの利用には付加機能使用料として月額210円が発生するほか、専用の料金プランとして「定額ユビキタスプラン」が提供されるそうです。
料金の下限は月額490円で、10万パケットまでは980円で利用でき、上限は9765円となります。
パケット料金は1パケットあたり0.084円。
うーん、高いなぁ。
なお、「お便りフォトサービススタートキャンペーン」として、ドコモは2009年7月1日から12月31日まで、付加機能使用料を210円から無料に、定額ユビキタスプランの上限額を9765円から980円に割り引きするキャンペーンを実施するそうです。

「お便りフォトサービス」は、ドコモのFOMA契約の1回線として計上されるとのこと。
同社では同一名義での大量不正契約を防止するため、個人ユーザー1名義あたり5回線までとうい制限を導入していますが、「お便りフォトサービス」もこの対象となるため、ドコモユーザーが契約する場合は最大4台まで利用できるとのことです。


対応機種として、タムラ製作所製の「フォトパネル 01」が1000台限定で提供されます。
想定販売価格は1万9800円。バリューコースやベーシックコースは適用されず、一括で購入することになるとのこと。
フォトパネル 01はFOMA通信モジュールを内蔵しており、FOMAエリアで写真やメッセージを受信できるとのこと。
写真のスライドショー表示や、時刻やカレンダーの表示も可能。
本体の内蔵メモリは約200Mバイト。最大8GバイトのmicroSDHCを利用できるSD スロットと、USB2.0対応のUSB端子も搭載。
タッチパネルには対応しておらず、前面と背面にあるボタンを使って操作するそうです。
このほか、フォトパネル 01を傾けると写真の向きが変わる傾きセンサーや、周囲の環境に合わせて画面が消灯・点灯する機能も備えているとのこと。

FOMAカードはフォトパネル 01専用のものではなく、定額ユビキタスプランに契約すれば、ほかのFOMAカードをフォトパネル 01に挿入して使うこともできるとのことです。


フォトパネル 01はソフトバンクのデジタルフォトフレームと比べるとちょっと地味な印象を受けます。
今回はあくまでテストケースという感じもあると思うので、もう少しスタイリッシュなものの追加投入に期待したいところです。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1565-94cb4afc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。